ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > 河川・ダム > 河川の維持・管理 > 「堀川運河 近代化産業遺産認定記念看板」を設置しています

本文

「堀川運河 近代化産業遺産認定記念看板」を設置しています

更新日:2012年4月1日更新 印刷

折尾駅前にある「堀川運河 近代化産業遺産認定記念看板」をご存知ですか?

 遠賀川と洞海湾を結ぶ人工河川「堀川」は、舟運を介して北九州・筑豊の産業発展に大きく貢献してきましたが、現在では運河としての役割がなくなり、沿川の住民の方々も堀川を大切にする気持ちが薄れつつあります。
 そうした中で、地域の市民グループを中心に、かつての活気ある堀川の再生を目指し、小学校と提携した環境保全活動等を展開してきました。このような活動が評価され、平成19年11月30日に、堀川が「地域活性化に役立つ近代化産業遺産」(北九州炭鉱  筑豊炭田からの石炭輸送・貿易関連遺産)として経済産業大臣の認定を受けました。
 堀川を所管する北九州県土整備事務所では、これを記念して平成20年より記念看板を設置しています。
 折尾駅前にありますので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
折尾駅前に設置した堀川運河看板の写真

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。