ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > その他社会福祉 > 援護・恩給 > 北朝鮮による拉致問題について

本文

北朝鮮による拉致問題について

更新日:2019年12月20日更新 印刷

ブルーリボン すべての拉致被害者救出を! 

北朝鮮人権侵害問題啓発週間(12月10日から16日)

 北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに、国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し、その抑止を図ることを目的として、平成18年6月、「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行されました。

 その中で、毎年12月10日から16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされました。

 国及び地方公共団体の責務等が定められるとともに、我が国の喫緊の国民的課題である拉致問題の解決を始めとする北朝鮮当局による人権侵害問題への対処が国際社会を挙げて取り組むべき課題とされる中、この問題についての関心と認識を深めていくことが大切です。

 

福岡県の取り組み

 毎年、同週間に合わせて、講演会や写真・パネル展を開催しています。 そのほか、啓発週間のポスター(法務省作成)や懸垂幕を掲示し、県民の皆さんに拉致問題の重要性について考えていただけるよう啓発を行っています。

1.北朝鮮人権侵害問題啓発講演会

 ※令和元年度の講演会は終了しました。

 拉致被害者家族による講演などを通じて、多くの皆さんに拉致問題について認識し、ともに考えていただく機会とするため、講演会を開催しています。

「拉致問題を考えるみんなの集い」を開催します

 日時: 令和元年11月2日(土曜日)13時30分から15時30分(開場13時00分)

 会場:朝倉地域生涯学習センター 朝倉文化ホール(朝倉市宮野1997)

 映像作品上映:アニメ 「めぐみ」

 講演:飯塚 耕一郎さん(北朝鮮による拉致被害者家族会連絡会 事務局次長/拉致被害者 田口八重子さんのご子息)

 

 

2.北朝鮮人権侵害問題啓発週間 写真・パネル展

 ※令和元年度の写真・パネル展は終了しました。

 期間:令和元年12月10日(火曜日) から 12月16日(月曜日) 福岡県庁開庁時

 場所:福岡県庁 1階ロビー(福岡市博多区東公園7番7号)

 協力:北朝鮮に拉致された日本人を救出する福岡の会 

 

「北朝鮮による拉致被害者を救出する知事の会」について

 拉致問題解決に向けて、国民一人一人の認識をより深め被害者救出のための支援を行っていこうと、平成20年11月、知事有志が集まり早期解決を訴えるために会を設立。日本政府に対して、拉致問題の早期解決に関する要望等を行っています。

 参加者

 47都道府県知事(小川知事も趣旨に賛同し、参加しています)

 同趣旨にご賛同される方は、下記署名用紙にご記入いただき、集めた署名用紙(原本)を下記送付先まで郵送(ファックス不可)されるよう、お願いします。

【署名送付先】

〒112-0013

東京都文京区音羽1-17-9050
北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会(救う会)電話番号:03-3946-5784

関係機関リンク

ポスター(必ず取り戻す!:横田めぐみさん)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)