ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 健康・福祉・子育て > 健康 > 自殺防止 > 福岡県の現状

本文

福岡県の現状

更新日:2020年4月20日更新 印刷

はじめに

 この項で取り扱う統計情報(全国及び福岡県)は、「全国と福岡県の自殺者数の推移」では厚生労働省が公表している「人口動態統計」をもとに、そのほかのものは厚生労働省の「地域における自殺の基礎資料」をもとに作成しています。両者の数値は調査対象等の違いのため一致しません。

 

全国と福岡県の自殺者数の推移

 平成に入り年間2万人台前半で推移していた自殺者数は、平成10年に3万人超に跳ね上がり、以後約10年間は3万人前後で横ばいでした。平成22年に全国の自殺者数が3万人を割り込み、それ以降は年々自殺者数が減少しており、平成30年は23,031人とさらに前年を下回りました(図1上)。

 このような傾向は福岡県でも同様にみられ、県内では平成10年から年間1,000人超の自殺者が毎年続く状況でしたが、平成26年は993人と16年ぶりに1,000人を割り込み、平成30年は805人でさらに前年を下回る結果となりました(図1下)。

 自殺者総数における男女の比は、年により変動が見られるものの、おおむね男性が女性の2倍超となっています。

自殺者数の推移の折れ線グラフです。平成8年から平成30年までの推移です。

(図1)自殺者数の推移(平成8年から平成30年、厚生労働省人口動態統計)

性・年代別の自殺者数、自殺死亡率

 県内の性、年代別の自殺者の割合について、平成26年から30年までの5年平均をみますと、男性では40歳代、50歳代、60歳代の割合が多く、女性では40歳代から70歳代の割合が多い状況です。

 性、年代別の自殺者の割合です。

 (図2)性・年代別の自殺者割合 (自殺総合対策推進センター「地域自殺実態プロファイル(2019)」)

 

 県内の性、年代別の自殺死亡率について、平成26年から30年までの5年平均をみますと、男性では80歳以上が最も高く、次いで50歳代、70歳代の順となっており、女性では70歳代が最も高く、次いで50歳代、60歳代の順で高い状況です。

性、年代別の自殺死亡率です。

 (図3)性・年代別の自殺死亡率(10万対) (自殺総合対策推進センター「地域自殺実態プロファイル(2019)」)

 

県内の職業別の状況

 県内の職業別の自殺の状況について、平成27年から令和元年までの5年平均をみますと、男性では「無職者」が51.2%を占めて最も多く、次いで「被雇用者・勤め人」(33.8%)、「自営業・家族従業者」(10.5%)の順で多くなっています(図4上)。 女性においても「無職者」が77.2%を占めて最も多く、次いで「被雇用者・勤め人」(17.0%)、「学生」(3.1%)の順となっております(図4下)。

県内の男性の職業別自殺者数の構成割合の円グラフです。

県内の女性の職業別自殺者数の構成割合の円グラフです

(図4)県内の職業別自殺者数の構成割合(平成27年から令和元年、厚生労働省「地域における自殺の基礎資料」)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。