ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 広報広聴・意見募集 > その他の広報(テレビ・ラジオ・一般情報) > 福岡県のエネルギー(子ども向け情報ページ)

本文

福岡県のエネルギー(子ども向け情報ページ)

更新日:2021年2月1日更新 印刷

エコトンの画像

 福岡県(ふくおかけん)では、地球(ちきゅう)(やさ)しく、安定(あんてい)してエネルギーが使(つか)える環境(かんきょう)づくりに()()んでいるよ。
 わたしたちの身近(みぢか)なエネルギーについて(まな)んでみよう。

エネルギーってなんだろう?

 ()かりをつけたり、お()()かしたり、(くるま)(うご)かしたりする(ちから)のことを「エネルギー」っていうよ。「仕事(しごと)をする(ちから)」ともいうんだ。

エネルギーはどうやってつくるの?

 わたしたちにとって一番身近(いちばんみぢか)なエネルギーは電気(でんき)だね。電気(でんき)(おお)くは天然(てんねん)ガスや石油(せきゆ)石炭(せきたん)()やしてつくるんだ。天然(てんねん)ガスや石油(せきゆ)石炭(せきたん)には(かぎ)りがあるから、大事(だいじ)使(つか)わないといけないね。

全国の発電電力量構成のグラフ

これからのエネルギーを()てみよう

エネルギーを無駄(むだ)なくかしこく利用(りよう) 「コージェネレーションシステム」

 コージェネレーションシステムとは、電気(でんき)(ねつ)同時(どうじ)につくるシステムのことだよ。
 電気(でんき)をつくり、その(とき)()(ねつ)部屋(へや)(あたた)めたり、お()()かしたりすることができて、とても環境(かんきょう)(やさ)しいんだ。

コージェネレーションシステムの仕組み

自然(しぜん)からつくるエネルギー 「再生可能(さいせいかのう)エネルギー」

 太陽(たいよう)(かぜ)(かわ)(なが)れる(みず)(ちから)などでつくられるエネルギーのことだよ。
 電気(でんき)をつくる(とき)に、地球温暖化(ちきゅうおんだんか)原因(げんいん)となる二酸化炭素(にさんかたんそ)をほとんど()さないし、資源(しげん)()くなることを心配(しんぱい)しなくていいんだよ。

 (くに)制度(せいど)(あたら)しくつくられた県内(けんない)再生可能(さいせいかのう)エネルギー設備容量(せつびようりょう)全国(ぜんこく)()福岡県(ふくおかけん)はとても(すす)んでいるんだ。

北九州市市民太陽光発電所

太陽(たいよう)(ひかり)から電気(でんき)をつくる「太陽光発電(たいようこうはつでん)

響灘風力発電所

(かぜ)(ちから)電気(でんき)をつくる「風力発電(ふうりょくはつでん)

白糸の滝小水力発電所

(みず)(ちから)電気(でんき)をつくる「水力発電(すいりょくはつでん)

おおき循環センター「くるるん」

()(なま)ごみなどで電気(でんき)をつくる「バイオマス発電(はつでん)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。