ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 市町村行財政 > 市町村財政 > 健全化判断比率の状況と推移

本文

健全化判断比率の状況と推移

更新日:2020年3月6日更新 印刷

 平成21年4月1日から全面施行された「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」(地方公共団体財政健全化法)では、健全化判断比率の4つの指標として、
 1 実質赤字比率
 2 連結実質赤字比率
 3 実質公債費比率
 4 将来負担比率
が定められました。
 「健全化判断比率の状況と推移」は、この4つの指標について、各比率を構成する要素ごとの数値も含めて経年データで示すとともに、重要な数値については視覚的に把握できるようグラフ化したものです。
 各期間における県内市町村の健全化判断比率の状況と推移は、下記のとおりです。


皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。