ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 入札・公募・公売 > 技術情報(建築都市部) > (建築都市部)入札時積算数量書活用方式を試行します

本文

(建築都市部)入札時積算数量書活用方式を試行します

更新日:2021年5月11日更新 印刷

建築都市部において入札時積算数量書活用方式を試行します

1 要旨

建築都市部が発注する営繕工事及び県営住宅工事において、「入札時積算数量書活用方式」を試行します。

2 対象工事

令和3年度においては、建築都市部営繕設備課及び県営住宅課が発注を予定している工事の中から対象工事を抽出し、試行します。

対象工事が一般競争入札の場合は入札説明書、指名競争入札の場合は指名競争入札通知書に「入札時積算数量書活用方式」の対象工事である旨を記載します。

3 制度概要

工事の請負契約締結後における積算数量に関する協議の円滑化に資するため、入札時において発注者が入札時積算数量書を示し、入札参加者が入札時積算数量書に記載された積算数量を活用して入札に参加することを通じ、工事請負契約の締結後において、当該積算数量に疑義が生じた場合に、入札時積算数量書に基づき、積算数量に関する協議を行う制度。

4 資料

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)