ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 税金 > 県税情報 > 自動車税(種別割)のグリーン化税制の概要

本文

自動車税(種別割)のグリーン化税制の概要

更新日:2020年4月1日更新 印刷

自動車税(種別割)グリーン化税制の概要

  自動車税(種別割)のグリーン化とは、窒素酸化物(NOx)や粒子状物質(PM)による地域環境汚染の社会問題化や地球温暖化の進展に加えて、自動車が環境に大きな影響を与えていることなどから、自動車環境対策として環境負荷の大きい自動車には税率を重く(重課)し、環境負荷の小さい自動車には税率を軽く(軽課)するものです。

1.軽課の内容

  • 令和元年度(平成31年度)に新車新規登録を行った自動車については、登録年度の翌年度1年間の自動車税(種別割)が下記のとおり、現行の税率より軽くなります。
  • 令和2年度に新車新規登録を行った自動車については、登録年度の翌年度1年間の自動車税(種別割)が下記のとおり、現行の税率より軽くなります。

2.重課の内容

  • 自動車税(種別割)の賦課期日(4月1日)現在における次の自動車について、当該年度から抹消登録により課税対象とならなくなるまで自動車税(種別割)が現行の税率より重くなります。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)