ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 入札・公募・公売 > 技術情報(県土整備部) > 建設工事におけるICT活用工事の試行を実施します

本文

建設工事におけるICT活用工事の試行を実施します

更新日:2021年3月19日更新 印刷

 建設産業においては、今後の熟練技術者の退職等による労働力不足や若手技術者の入職の減少等による将来の担い手確保が大きな課題となっています。

 これらの課題に対して、福岡県県土整備部では「ICT活用工事」等の施策を建設現場に導入することによって、生産性や品質、安全性の向上を図り、魅力ある建設現場を目指す取り組みを進めています。

※ 福岡県県土整備部ICT活用工事(土工等)試行要領を改定しました。

※ 福岡県県土整備部ICT活用工事(港湾浚渫工)試行要領を改定しました。

 本試行要領は、令和3年4月1日以降に指名通知又は入札公告する工事に適用します。


1.試行対象工事

 令和3年度からは、原則として、以下の工種を含む工事を対象とします。

 ただし、(1)土工の作業土工(床掘)はICT土工の関連工種として、また、(4)付帯構造物設置工はICT土工及びICT舗装工の関連工種として実施するため、単独での発注は行いません。

(1)土工

 河川土工、海岸土工、砂防土工、道路土工、作業土工(床掘)

(2)舗装工

 舗装工、付帯道路工

(3)河川浚渫工

 浚渫工(バックホウ浚渫船)

(4)付帯構造物設置工

 コンクリートブロック工、緑化ブロック工、石積(張)工、海岸コンクリートブロック工、

 側溝工、暗渠工、管渠工、縁石工、基礎工、コンクリート被覆工、護岸付属物工

(5)法面工

 植生工、吹付工、吹付法枠工

(6)地盤改良工

 路床安定処理工、表層安定処理工、固結工(中層混合処理)、固結工(スラリー撹拌工)

(7)舗装工(修繕工)

 切削オーバーレイ工

(8)港湾浚渫工

 ポンプ浚渫、グラブ浚渫、硬土盤浚渫、岩盤浚渫、バックホウ浚渫の工種

2.試行方法

  • 試行工事の対象である場合は、特記仕様書に明記し発注します。
  • 契約後、受注者がICT活用工事に取り組むか判断します。(受注者希望型)
  • 特記仕様書に明記されていない場合でも、取り組みを希望される場合は、試行工事と同様の取り扱いとします。

3.試行要領

福岡県県土整備部ICT 活用工事(土工等)試行要領


【改定履歴】

福岡県県土整備部ICT活用工事(港湾浚渫工)試行要領


【改定履歴】

4.様式等

 参考に様式を掲載しますので、ご活用下さい。

5.試行工事アンケート

 試行対象工事について、アンケート調査を実施する場合、調査へのご協力をお願いします。

6.関連情報

  • 国土交通省
  • 九州地方整備局

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)