ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 環境・まちづくり・県土づくり > エネルギー・温暖化対策 > 再生可能エネルギー・コージェネレーション > 福岡県防災拠点等再生可能エネルギー導入推進事業(グリーンニューディール基金事業)

本文

福岡県防災拠点等再生可能エネルギー導入推進事業(グリーンニューディール基金事業)

更新日:2019年9月11日更新 印刷

福岡県防災拠点等再生可能エネルギー導入推進事業の概要

 東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故を契機に、防災・減災への取組みを柱とする「強靭な国土整備」と、再生可能エネルギーや未利用エネルギーを活用した自立分散型エネルギーの導入等による「災害に強く、低炭素な地域づくり」が国を挙げての課題となっています。

 県では、「災害に強く、環境負荷の小さい地域づくり」を推進するため、環境省の補助金を活用して19億円の基金(平成25~27年度)を造成し、防災拠点や避難所等に指定されている公共施設や民間施設に、太陽光発電等の再生可能エネルギー設備や蓄電池などを導入する福岡県防災拠点等再生可能エネルギー推進事業(グリーンニューディール基金事業)を実施しています。

1.基金の名称 福岡県環境保全基金

2.基金額 19億円(グリーンニューディール基金事業分)

3.基金のうち国庫補助金相当額 19億円

4.基金事業を終了する時期 平成27年度末

5.基金事業の目標

  • 導入した再生可能エネルギー等による発電量
  • 防災拠点における再生可能エネルギーの普及率
  • 二酸化炭素削減効果
  • 県内への再生可能エネルギー累積導入量

事業計画書

事業状況報告書

売電収入管理基金事業状況報告書

国・他自治体ホームページへのリンク

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)