ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 財政・領収証紙 > 県債 > 福岡県債について(運営方針・格付)

本文

福岡県債について(運営方針・格付)

更新日:2020年4月1日更新 印刷

運営方針について

福岡県では下記の運営方針に基づき、安定的な資金調達を目指しています。

 ○投資家との対話を重視し、機動的かつ柔軟な起債運営に努めます。

 ○積極的なIRや情報発信を通じて、投資家との関係強化に努めます。

 

福岡県の起債運営の特長について

●条件決定日を原則「毎月10日」としています。(5年債、10年債)

 投資家の皆様の資金計画が立てやすくなるよう、条件決定の日付を特定しています。

●条件決定交渉窓口を一本化した「競争型幹事方式」を採用(10年債)

 多くの投資家の皆様がご購入いただけるように、幹事会社を含む引受金融機関を計13社選定し、大口での購入をご希望される方々のニーズにもお応えできるように、発行額のシェアを幹事会社に多く配分しています。

 引受金融機関を代表して幹事会社がマーケティングを行い、適正な発行条件を決定いたします。

●「総合主幹事グループ制」を採用(超長期債)

 本県は、起債時期、年限などの決定にあたり、投資家の皆様の希望を十分聴き、反映させることとしています。

 「総合主幹事グループ制」は、超長期債の幹事会社を早期に明らかにし、年間を通じて投資家の皆様と継続的に対話を行なうことができる仕組みです。

条件決定方式

 各年限の条件決定方式の詳細は次のとおりです。

条件決定方式について [PDFファイル/210KB]

令和2年度市場公募債(超長期債)における総合主幹事グループについて

令和2年度の総合主幹事グループは、以下の6社を指名しました。

(総合事務主幹事)

野村證券株式会社

(総合共同主幹事)

SMBC日興証券株式会社

ゴールドマン・サックス証券株式会社

大和証券株式会社

みずほ証券株式会社

三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社

※総合共同主幹事は50音順で記載

総合主幹事グループ制の詳細は次のとおりです。

総合主幹事グループ制について [PDFファイル/155KB]

格付情報

 福岡県債はムーディーズ・ジャパンから国債と同格の「A1(安定的)」の格付を取得しています。

 令和元年度の格付は次のとおりです。

格付の根拠(ムーディーズ・ジャパン)日本語版 [PDFファイル/1.64MB]

格付の根拠(ムーディーズ・ジャパン)英語版 [PDFファイル/438KB]

 

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)