ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 防災・くらし > 人権・男女共同参画 > DV対策 > デートDVは重大な人権侵害です!デートDV防止のために学校に講師を派遣します!!

本文

デートDVは重大な人権侵害です!デートDV防止のために学校に講師を派遣します!!

更新日:2019年4月12日更新 印刷

 デートDVの加害者にも被害者にもならないよう、対等な立場で相手も自分自身も尊重できる関係を築くためには、若年層からデートDVに関する正しい理解を進めることが必要です。
 県では、デートDVが心身に及ぼす影響や暴力の種類などのデートDVに関する正しい知識とデートDVの未然防止のために必要な内容を周知啓発するため、デートDVについて専門知識を持つNPO等の講師を学校に派遣します。
 DVは、個人の尊厳を傷つけ、犯罪となる行為をも含む重大な人権侵害です。
 学校における、人権教育の推進に、是非ご活用ください。

デートDVとは?
配偶者や交際相手など、親密な関係にある、またはあった者からふるわれる暴力を「DV(ドメスティック・バイオレンス)」と言います。このうち、「結婚していない交際相手(カレ/カノジョ)からふるわれる暴力」のことを、「デートDV」と言います。
デートDVは、特別なことではなく、中学生、高校生など若い人のあいだでも起きています。

1 派遣対象

  (1)県内の高等学校、中等教育学校、中学校及び特別支援学校(福岡市立、北九州市内の学校を除く。)が行う授業等であること。
  (2)生徒及び学校関係者を対象とするものであること。(原則として1学年以上を単位とする。)

2 費用

  講師の派遣に要する経費(謝金及び旅費)は県が負担します。

3 講師派遣の流れ

  1. 講師の派遣を希望する学校は、県に電話で事前連絡の上、授業等実施日の30日前までに下記「デートDV防止講師派遣事業申込書(様式1)」をFAX又はメールで県に提出してください。
  2. 県においてNPO等との調整を行い、派遣を決定します。(派遣決定の結果については、文書で通知します。)
  3. 派遣が決まった学校は、NPO等と授業等の内容について事前打ち合わせを行います。
  4. 講師の派遣を実施します。(受講者へのアンケートの実施にご協力ください。)
  5. 学校は、授業等の実施後30日以内に下記「デートDV防止講師派遣事業実施報告書(様式2)」をメールで県に提出してください。
  6. 県は、NPO等へ経費(謝金及び旅費)を支払います。

4 派遣するNPO等

 (50音順)

  • 特定非営利活動法人にじいろCAP
  • 特定非営利活動法人博多ウイメンズカウンセリング
  • 特定非営利活動法人FOSC
  • 特定非営利活動法人福岡ジェンダー研究所
  • デートDV防止ふくおか

5 申込書等

デートDV防止講師派遣事業申込書(様式1) [Wordファイル/16KB]
デートDV防止講師派遣事業実施報告書(様式2) [Wordファイル/16KB]
デートDV防止講師派遣事業実施要領 [PDFファイル/103KB]

6 申込先

 福岡県人づくり・県民生活部男女共同参画推進課女性保護係
 電話番号 092-643-3409
 FAX番号 092-643-3392
 E-mail      joseihogo@pref.fukuoka.lg.jp

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)