ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 県政運営、情報政策・IT化 > 電子自治体 > AIチャットボットを導入しています。

本文

AIチャットボットを導入しています。

更新日:2020年12月11日更新 印刷

 福岡県では、住民の皆さまの利便性向上を目的に、AIチャットボットを導入しています。

現在は、4つの分野(1県税の賦課徴収、2県立図書館の利用方法、3教職員免許状、4建設業許可や入札参加資格申請)でよくある質問(以下「FAQ」という。)を整備しており、これを基にAIが様々な質問にお答えしています。さらに、総合案内としてAIが県の業務の担当部署をご案内しています。

AIチャットボットは、運用初期は正確にお答えできない質問がありますが、多くの方に利用していただくことでAIが学習を重ね、より最適な回答を導き出せるようになりますので、皆さまのご協力をお願いします。

今後は、住民の皆さまのニーズにお応えできるようFAQを充実させていく予定です。


AIチャットボットとは

チャットボットとは「チャット(対話)」と「ロボット」を組み合わせた言葉です。インターネット上で入力された住民の皆さまからの質問に対し対話形式で自動応答するサービスです。回答はAI(人工知能)があらかじめ整備されたFAQデータを基に導き出します。


 

1 概要

整備したFAQ

現在は、4つの分野でFAQを整備しており、これを基にAIが様々な質問にお答えしています。

FAQ4つの分野

  1. 県税の賦課徴収
  2. 県立図書館の利用方法
  3. 教職員免許状
  4. 建設業許可や入札参加資格申請

総合案内

さらに、総合案内としてAIが県の業務の担当部署をご案内しています。

 

2 利用方法

1 以下のURLから専用ページにアクセスします。

 https://fukuoka.public-edia.com/webchat/pref_fukuoka/

 チャットボット専用ページQRコード

2 ページ下部の入力欄に質問を入力して送信ボタンを押します。

質問入力欄

3 関連する質問が表示されます。

チャットボット画面

4 詳しい情報はリンクをクリックすると表示されます。

5 質問の意図をAIが認識しない場合には、表現を変えて再度入力してください。

3 質問入力のポイント

  • 質問は文章でも単語の羅列でもどちらも認識します。

   運用初期は、単語入力の方がAIが正確に認識します。

   例)  「図書館は開館していますか」 「図書館 開館」

  • 質問は具体的にするほど正確に認識します。キーワードが足りない場合は上手く認識できなくなります。再入力する際も具体的にキーワードを入力して下さい。

   例) 〇 「図書館 休日 開館」  ×「休日」

  〇 「教員免許 氏名変更」  ×「免許」

  ・ 誤った回答が表示された場合に、入手したかった情報の詳細をお知らせいただくと、AIの学習に役立ちます。

   FBボタン

   「いいえ」ボタンを押して入手したかった情報の詳細をお知らせください。

   FB案内

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。