ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 県政情報 > 市町村行財政 > 市町村財政 > 地方公営企業の抜本的な改革等の取組状況調査に係る公表について

本文

地方公営企業の抜本的な改革等の取組状況調査に係る公表について

更新日:2018年8月30日更新 印刷

概要

 地方公営企業の経営については、自らの判断と責任に基づき、公営企業の経営健全化等に不断に取り組むことが必要であり、その前提として、まず現在公営企業が行っている事業そのものの意義、提供しているサービス自体の必要性について検証することが必要です。その結果、事業に意義、必要性がないと判断された場合には、速やかに、廃止等を行うべきであり、事業の継続、サービスの提供自体は必要と判断された場合であっても、採算性の判断を行い、完全民営化、民間企業への事業譲渡等について検討する必要があります。

 また、「経済財政運営と改革の基本方針2017」(平成29年6月9日閣議決定)においても、公営企業の抜本的な改革(事業廃止、民営化、広域的な連携及び民間活用)を推進することとされています。

 これらの趣旨を踏まえ、公営企業の抜本的な改革の検討を推進していく必要があることから、各団体における現在までの取組状況を把握するため、本調査を行い、公表するものです。

調査対象基準

平成29年度末(平成30年3月31日)時点

調査結果

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。