ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

雨水利用のQ&A

更新日:2020年7月31日更新 印刷

一般的なこと

Q 雨水はどこから集めるの?

  家屋の屋根や屋上、車庫の屋根などに降った雨を雨樋から貯留槽に集めます。
  きれいな水を貯めるには、落ち葉が多い場所や人の出入りが多い場所を避けるなど、汚れの少ない場所を選びます。
  また、降り始めの雨水(初期雨水)は集水面の汚れを流しますので、よりきれいな雨水を貯めるためには、この分をカットする工夫 をするとよいでしょう。

Q 雨水はどのくらいたまるのでしょうか?   

  貯水量は、雨を集める集水面(屋根など)の面積と降水量の関係によって決まります。
  貯水量(L)=集水面積(m2) × 降雨量(mm) × 0.9(集水可能な割合)
    (例) 50(m2) × 10(mm) × 0.9 = 450L
  ちょっとした雨が1~2時間降れば、家庭用の200L程度の雨水タンクなら満水になります。

Q 簡易貯水槽(雨水タンク)の容量はどのくらいあればよい?

  用途や面積で異なりますが、一般的に庭木への散水や洗車程度であれば、容量200L程度でも充分使用できます。

Q 貯水槽の置き場所はどのくらいの広さが必要でしょうか?

  貯水槽の形状にもよりますが、設置するには雨樋の近くで1m2程度の平坦な場所が必要です。
  満水になるとかなりの重量になるので、転倒しないように基礎に注意してください。

Q 貯めた雨水は腐りませんか?   

  日常的に使用していれば腐りません。
  ただし、落ち葉などの有機物が混じったり、太陽の光が貯留槽に差し込むと藻が発生したり、長期間放置すると腐敗する場合もあります。

Q 雨水タンクなどの耐久性はどのくらいあるのでしょう?   

  材質や設置された環境によって異なりますが、一般的なポリエチレンやステンレス製で10年以上は使用できます。

維持管理について

Q 貯めた水に蚊が発生しませんか?

  貯留槽のフタを開けたままにしない、雨水流入口に防虫網を張るなどの注意をすることで、蚊が中に入ることを防ぎます。
  雨水を日常的に使用すれば、貯留槽内に雨水が長時間滞留しないので、ボウフラも発生しません。

Q 掃除などの維持管理はどうしたらいいのか?

  (簡易な貯留タンクについて)
  雨水流入口にフィルター等を設け、直接貯留槽内にゴミが入らない工夫をしていればフィルターの掃除を定期的に行う程度で日常の管理は充分です。
  年に1度程度はタンク内部を空にして、本体の清掃を行いましょう。

利用方法について

Q 雨水貯留槽に貯めた雨水は飲めますか?

  浄化処理を行っていないので、そのままでは飲めません。
  直接体内に取り込んだり、触れたりしない用途にご利用ください。

  良い用途例 : 庭木の水やり、打ち水、洗車 
  悪い用途例 : 飲用、入浴 

Q 災害時の利用は可能ですか?

  地震や火事などの災害時には、トイレの洗浄水や初期消火用水として利用できます。

Q トイレの洗浄水に利用するにはどうしたらよいのか?

  簡易貯留槽の容量だけでは、トイレの使用水量に対応するのは難しいと思われます。
  (トイレは家庭内でもっとも水を多く使う施設です。)
  水道水を補給するための設備が必要となり、トイレへの配管、ポンプなどの設備、工事が必要になります。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。