ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > しごと・産業・観光 > 農業 > 普及指導センター情報 > スマートグラスを活用した新規就農者への栽培技術支援(南筑後普及指導センター現地情報 No.1)

本文

スマートグラスを活用した新規就農者への栽培技術支援(南筑後普及指導センター現地情報 No.1)

更新日:2024年4月25日更新 印刷

ベテラン農家の指導を遠隔で受けました!

南筑後普及指導センターでは、令和6年4月12日(金)にスマートグラスを活用し、ブドウの新規就農者がベテラン生産者「果樹の匠」(以下「匠」)から遠隔で指導を受ける講習会を開催しました。

 新規就農者がカメラとマイク機能をもつスマートグラスを掛けながら作業すると、「匠」はその作業の様子を遠方からリアルタイムで確認でき、指導することができます。

 今回はブドウの房づくり作業で、新規就農者は房をどのような形にするかの判断が難しい時に、映像を見ている「匠」からアドバイスをもらい、作業を進めました。また、それ以外にも使用している道具・農薬についての情報交換も行われました。

 新規就農者からは「自分で行った作業に少し自信がもてるようになった」、「本来の作業はもちろん、農薬などの情報なども教えて頂いて非常に参考になる」等の感想が出されました。

 南筑後普及指導センターでは、今後も「匠」の協力を受けスマートグラスを活用しながら、新規就農者の生産技術の向上を目指した支援を行っていきます。

スマートグラスを掛けて作業する新規就農者
iPadを使った「匠」による遠隔指導

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。