ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > パスポート > パスポート申請 > 「代理申請」・・・代理人が申請する場合

「代理申請」・・・代理人が申請する場合

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年4月1日更新

  申請書を代理提出する場合は、申請者ご本人が記入しなければならない事項がありますので、事前に申請書を入手してください。 新規申請・切替申請の一般旅券発給申請書は、 各パスポートセンター の他に、市区町村役場でも入手できますが、在庫切れの場合もありますので、事前に確認してください。


1.申請者本人の記入が必要な箇所

・所持人自署欄(申請書表面 写真欄の下)

・刑罰等関係欄(申請書表面 下段左側)

・外国籍の有無欄(申請書表面 下段右側)

・申請者署名(申請書裏面 中段)

・申請書裏面「申請書類等提出委任申出書」      (旧申請書をご使用の場合は「親族又は指定した者を通ずる申請書類等申出書)の申請者記入欄及び申請者署名欄に申請者ご本人が署名したうえで、代理で申請書類を提出する方(引受人)の氏名、住所及び申請者とのご関係を記入して代理人を指定してください。

例)申請人 福岡太郎さんが妻の福岡花子さんに委任した場合

    外 務 大 臣  殿                                                                         平成  年  月  日

  在    大使 総領事 殿

  この申請書の記載は事実に相違なく、旅券法第3条の規定により、一般旅券の発給を申請します。

    申請者署名                                                      法定代理人(親権者、後見人など)署名                          

          福 岡 太 郎                                     

  (署名は必ず本人が戸籍に記載のとおり、かい書体で行ってください(署名が困難な場合を除く)。また、申請者が未成年者又は成年被後見人の場合は、法定代理人の署名も併せて必要です。なお、署名が困難な場合であって、法定代理人でない者が記名する場合及び本人確認のために印鑑登録証明書を使用する場合は、押印が必要です。)

申請書類等提出委任申出書

(法定代理人が申請者に代わって申請書類などを提出する場合には、本様式の提出は不要です)

申請者記入

  私は旅券法第3条第4項の規定に基づき、下記の引受人を通じて旅券申請書類等を提出いたしたく、申し出ます。

       平成  年  月  日                               申請者署名  福 岡 太 郎                          

       引受人氏名  福 岡 花 子                           申請者との関係          妻                                     

       引受人住所      福岡市中央区天神1-1-1                                                  

                                         

引受人記入

 私は本件申請に係る必要書類等を申請者に代わり提出することを引き受けました。私が提出する申請者の所持人自署及び申請者署名は本人自筆のもの(又は適正な記名)であること及び写真は本人のものに相違ないことを確認します。私は、過去5年間、旅券の不正取得に係わったことはありません。

  平成  年  月  日

  引受人署名  福 岡 花 子                          連絡先電話番号 092 (123)4567      


2.引受人の記入が必要な箇所(上記申出書参照)

   申請書裏面「申請書類等提出委任申出書」(旧申請書をご使用の場合は「親族又は指定した者を通ずる申請書類等申出書」の引受人記入欄)

   申請書の提出を引き受けた方(代理人)が引受人署名欄に署名し、連絡先電話番号を記入してください。


3.未成年者等が法定代理人(親権者又は後見人)を通じて申請する場合

    申請書裏面中段の「法定代理人署名」欄に親権者又は後見人の署名が必要となり、「申請書類等提出委任申出書」(旧申請書をご使用の場合は
  「親族又は指定した者を通ずる申請書等申出書」)の記入は不要となります。

例)未成年の申請者 博多洋子さんが親権者である父親 博多一郎さんを通じて申請する場合

    外 務 大 臣  殿                                                               平成  年  月  日

 在    大使 総領事 殿

  この申請書の記載は事実に相違なく、旅券法第3条の規定により、一般旅券の発給を申請します。

    申請者署名                                                  法定代理人(親権者、後見人など)署名                          

    博 多 洋 子                  博 多 一 郎                         

  (署名は必ず本人が戸籍に記載のとおり、かい書体で行ってください(署名が困難な場合を除く)。また、申請者が未成年者又は成年被後見人の場合は、法定代理人の署名も併せて必要です。なお、署名が困難な場合であって、法定代理人でない者が記名する場合及び本人確認のために印鑑登録証明書を使用する場合は、押印が必要です。)


4.申請に必要な書類

申請に必要な書類 を申請者本人から全部預かり持参してください。

 ※非ヘボン式表記・別名併記・長音表記をご希望の場合は、あらかじめ申請予定のパスポートセンターにお問い合わせください。平成21年6月改正以前の一般旅券発給申請書をご利用の場合は「非ヘボン式ローマ字氏名表記等申出書」に本人にあらかじめ必要事項を記入していただく必要があります。


5.代理人の本人確認書類

  申請人本人にとって必要な書類一式のほかに、代理人についても、運転免許証、健康保険証等の本人確認のための書類が1点必要ですので、注意してください。


6.代理申請ができない場合(本人申請のみ受付ける場合)

有効なパスポートを紛失、焼失している場合

申請書の 「刑罰等関係」欄に該当事項がある場合

対立地域への渡航等により旅券の二重発給を受けようとする場合

居所申請 をする場合

外国における災害や事故等により被害者等の親族や関係者が緊急に渡航する場合等、申請日に対応する受領日よりも早い受領を希望する場合

前回申請したパスポートを受け取らないまま6ケ月が経過して失効し、再度申請する場合


7.パスポートの受領

・パスポートを受領する場合は、必ず申請者本人がお越しください。

・パスポートの査証欄の 増補申請 (査証欄を40頁増やす申請、ただし、パスポート1冊につき1回だけ)の場合は、代理人が受領することができます。


8.5名以上の申請(団体申請)

      ご本人も含めて、ご家族、学校、職場、旅行会社等で5人以上の申請を代理でする場合は、事前に電話予約が必要です。多数の場合は、申請日を指定します。



皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、上の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
投稿欄:
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。