ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > パスポート > パスポートに関する手続き > ヘボン式ローマ字と異なる表記(非ヘボン式ローマ字)

ヘボン式ローマ字と異なる表記(非ヘボン式ローマ字)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月26日更新

ヘボン式以外のローマ字表記を希望する方は、こちらをご覧ください。
→ 「ヘボン式ローマ字と異なる場合(非ヘボン式ローマ字)

 

戸籍に記載されている氏名以外の表記や、外国式氏名表記等を別名として併記することを希望する方は、こちらをご覧ください。
→ 「別名併記

 

以前にパスポートを取得したことがあり、氏名表記の変更を希望する方は、こちらをご覧ください。
→ 「氏名表記の変更について

 

ヘボン式ローマ字と異なる場合(非ヘボン式ローマ字)

非ヘボン式ローマ字の表記を使用できる方

  • 前回のパスポートの氏名が非ヘボン式ローマ字で表記されている方
  • 国際結婚、二重国籍、両親のいずれかが外国人等により、外国式の氏名を非ヘボン式ローマ字のつづりで表記する方

 

 〈例〉 非ヘボン式ローマ字表記

ヨミカタヘボン式非ヘボン式
大野(おおの)ONONO/ONO
佐藤(さとSATOSATO/SATO
優子(ゆこ)YUKOYUKO
島田(まだ)SHIMADA

SIMADA

 

 〈例〉 外国式の氏名の非ヘボン式ローマ字表記

ヨミカタヘボン式非ヘボン式
スミスSUMISUSMITH
ジョンJONJOHN
金(キム)KIMUKIM

別名併記

パスポートに記載される氏名は、戸籍に記載されている氏名をヘボン式ローマ字で表記することになっています。

パスポートの氏名は戸籍に記載されている氏名でなければいけませんので、結婚や養子縁組により姓が変わった場合は、改正後の氏名でパスポートを作成する必要があります。ただし外国で旧姓での活動実績があり、旧姓表記でないと支障が生じる場合など、渡航にあたり旧姓などの別名も併記する必要がある場合は、その必要性が確認できる書類等を提出していただき、審査の結果、これが認められる場合には、別名併記が可能です(この場合は姓の後に括弧書きで表記されます。なお、この場合、別名併記はあくまでも例外的な措置であるため、ICチップには記録されません)。

航空会社により「()書きの別名」を入れて予約する場合と、そうでない場合があるようです。ご自身でご確認ください。

                                      

〈別名併記の記載例〉

  • 外国人配偶者の姓を併記する場合

   田中 利恵(TANAKA RIE)さんが、FRANCESさんと結婚した場合(戸籍の記載は「田中 利恵」の場合)

   TANAKA(FRANCES) RIE

   (姓がTANAKA(FRANCES)、名がRIE)

  • 二重国籍者でミドルネームがある場合

   氏名が田中次郎で、ミドルネームがNICKの場合

   TANAKA JIRO(NICK)

   (姓が TANAKA、名が JIRO(NICK))

別名併記が認められる条件

  • 海外渡航・滞在のため、戸籍謄(抄)本で確認でき、日常的に使用している外国人配偶者の姓や旧姓などをパスポートに表記することが、特に必要であると認められる場合。
  • 二重国籍者などで、ミドルネームの表記を希望する場合。
  • 旧姓を外国でも日常的に使用するなど、活動実績があり、旧姓表記でないと支障が生じる場合。

 

別名併記が認められないもの

  • 外国での使用実績がないもの
  • 芸名やペンネームなどの通称

別名併記の手続き

  • 申請書裏面の「旅券面の氏名表記(表面のヘボン式と異なる場合のみローマ字活字体大文字で記入)」欄に、希望されるつづり(非ヘボン式)を記入してください。申請書表面のローマ字表記欄には、ヘボン式ローマ字で記入してください。
  • 外国での使用実績を確認できる書類を持参し、申請受付時に、「別名併記」の希望を申し出てください。

必要書類の提出・提示

非ヘボン式ローマ字表記を希望する方は、外国での使用実績を確認できる次の書類などをご提示ください。詳しくは、パスポートセンターにご相談ください。

  • 外国の公的機関が発行したつづりが確認できる書類(婚姻証明書、出生証明書、又は配偶者や父母の外国旅券など)
  • ミドルネームのつづりが確認できる書類
  • 婚姻の事実が記載された戸籍謄(抄)本等の書類

 

旧姓併記を希望する方は、あらかじめパスポートセンターにご相談ください。

  • 外国において、旧姓での活動や実績が確認できる書類(招聘状、査証関係書類、外国で出版された著書・論文等)
  • 職場で旧姓の使用が認められており、かつその氏名で業務上海外渡航する必要があることを確認できる書類
  • 旧姓が確認できる戸籍謄(抄)本等の書類

 

氏名の表記について非ヘボン式表記、別名併記を希望される方は、必ず申請者ご本人が申請にお越しください。

 

このページに関するお問い合わせ先

福岡県パスポートセンター 092-725-9001

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)