ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 廃棄物・リサイクル > リサイクル・ごみ減量 > 食品ロス(食べ残しなど)を減らしましょう

食品ロス(食べ残しなど)を減らしましょう

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月9日更新

あなたも食べ物を無駄にしていませんか?
 - 食品ロス削減に向け、できることから始めよう!-

 日本国内では、売れ残りや期限切れの食品、食べ残しなど、本来食べられたはずの、あるいはまだ食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」が、国民一人当たり、毎日、おにぎり1~2個分(約1億2,700万人×134g×365日=621万トン)発生しているといわれています。 

 大切な食べ物を無駄に捨てることは、もったいないだけでなく、ごみの排出量を増やすなど環境負荷を増大させてしまいます。
 食品ロスは、食品メーカーや卸、小売店、飲食店、家庭など、「食べる」ことに関係する様々な場所で発生しています。

 家庭においては、食品ロス全体の約半数にあたる年間282万トンが発生しています。

 家庭では、食材を「買い過ぎず」「使い切る」「食べ切る」、「賞味期限」を正しく理解する、残った食材は別の料理に活用するなどの工夫で、また、外食時には食べ切れない分量を注文しないことなどで、食品ロスを削減することが出来ます。

 皆様も、食品ロスについて考え、食品ロスを減らす生活を実践してみませんか。

食べ残しをなくそう30・10(さんまる・いちまる)運動

 飲食店から排出される食品ロスの約6割がお客さんの食べ残しといわれています。 

 福岡県では、懇談会や懇親会時に乾杯後30分と終了前10分を離席せずに食べ残しを減らす「食べ残しをなくそう30・10運動」について呼びかけています。

 職場での歓送迎会などの宴会では、「30・10運動」に取り組んでいただき、環境にやさしい宴会にご協力をよろしくお願いします。

30・10運動とは?

  1. 食べられる量を注文する、食べられないものは先に伝える
  2. 乾杯後30分間は席に着いて、お料理を楽しむ
  3. 宴会終了10分前は席に戻って、もう一度お料理を楽しむ

  ※ 詳しくは、チラシをご覧ください。

さんまるいちまる運動イラスト

 

添付資料

 

フードバンクについて

 食品ロスを減らす取組みの一つとして「フードバンク」について紹介しています。

「食べもの余らせん隊」について

 福岡県では、食品ロス削減に取り組む飲食店等を「食べもの余らせん隊」として募集・登録し、県民の皆さまにPRしています。

 外食や買い物時には、登録店をチェックして、食品ロスを減らす取組に参加しませんか♪

食品ロス削減啓発パンフレット等について

 福岡県では、食品ロス削減について県民の皆様に知ってもらうため、パンフレット等の啓発資材を作成しました。

 学習会やイベント等で配布いただける場合は送付もできますので、下記問い合わせ先までご連絡ください。なお、ご連絡いただいた際に使用目的等をお伺いする場合があります。 

 ※パンフレット等啓発資材に記載のある食品ロスの数値(632万トン)は平成25年度農林水産省推計値になります。

 

パンフレット

パンフレット1ページ・4ページパンフレット2ページ・3ページ食品ロス削減啓発パンフレット[PDFファイル/11.25MB]
(A3二つ折りサイズ)
ポスターポスター食品ロス削減啓発ポスター [PDFファイル/9.11MB]
(A2サイズ)
テーブルトップテーブルトップ食品ロス削減啓発テーブルトップ [PDFファイル/1.04MB]
(B5サイズ、三角柱の形に組み立ててお使いください)

 

 

参考資料(リンク)

1 政府広報・暮らしのお役立ち情報
「もったいない!食べられるのに捨てられる『食品ロス』を減らそう(新しいウインドウで開きます)

2 消費者庁「食べもののムダをなくそうプロジェクト」(新しいウインドウで開きます)

パンフレット(食品ロス削減関係省庁等連絡会議) [PDFファイル/1.52MB]

パンフレット(消費者庁) [PDFファイル/1.74MB]

3 農林水産省「食品ロスの削減・食品廃棄物の発生抑制」(新しいウインドウで開きます)

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)