ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 住まい(土地・建物) > 建物情報 > 福岡県内の空き家対策のご案内

福岡県内の空き家対策のご案内

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月11日更新

福岡県の空き家の総数は約32万戸で、そのうち賃貸・売却用の住宅や別荘等の二次的な住宅が約20万戸、その他の住宅は約12万戸となっています。(平成25年調査)
 空き家は全国的にも増加傾向にあり、県内では人口や世帯数の減少に伴い、今後も空き家の増加は続くと考えられ、防災・防犯・衛生・景観等の面で大きな問題を生じさせ、いわゆる「空き家問題」として危惧されています。
  以下、市町村名、国土交通省、(一財)福岡県建築住宅センターと入ったリンクは新しいウィンドウで開きます。

1.空き家活用セミナー&相談会について

久留米セミナーのチラシの画像です。

「相続したけれどどうしたらいいの?」「仏壇が残っているけど…」など、空き家についてお悩みはありませんか?福岡県では空き家活用を検討する第一歩として、空き家活用セミナーを開催しています。
 空き家が増加する一方で、「広い庭のある家に住みたい」「リノベーションして自分好みの家に住みたい」など中古住宅の需要は多くなっており、空き家は地域の財産でもあります。平成28年度に、県内9か所でセミナーを開催予定です。
 ぜひ、ご参加ください。 

セミナー開催予定
会場日時
八女伝統工芸館(八女市本町2-123-2)

平成28年8月12日(金曜日)
午後1時30分~午後4時00分

久留米シティプラザ 5階大会議室1(久留米市六ツ門町8-1)平成28年9月16日(金曜日)
午後2時30分~午後5時00分

チラシ(八女) [PDFファイル/1.36MB]

チラシ(久留米) [PDFファイル/1.56MB] 

申込みは、電話若しくはチラシ裏面FAXにて受付します。
電話 092-643-3732
受付時間 午前9時00分~午後5時00分

2.空き家活用のモデルについて(福岡県空き家活用モデル普及促進事業)

 

空き家の活用モデルの写真です

  平成27年度に福岡県空き家活用モデル普及促進事業において、6件の事業を採択しました。
  採択された事業では、利用されていない住宅を改修して賃貸住宅にしたり、集会所などに用途を変更し、地域の活性化につながる計画が進行中です。
 今後、これらのモデルを、空き家活用の先導事例としてお知らせし、空き家の活用方法を広めていきます。

官民が連携した空き家活用モデルについて [PDFファイル/4.46MB]

採択事業概要
事業名提案者対象地域事業概要
岐志浜地域交流事業旧土井良丈文家住宅管理運営会議糸島市

江戸末期頃建てられた住宅を、認知症カフェなど『地域のたまり場』として活用
事業概要 [PDFファイル/429KB]

朝倉市高木地区=限界集落空き家活用deドット混む事業NPO法人 グラウンドワーク福岡朝倉市空き家を田舎グリーンツーリズムの宿泊拠点として活用
事業概要 [PDFファイル/334KB]
空き家終身借上げ事業株式会社 高山不動産宗像市

マイホームを終身で借上げ、賃貸住宅として転貸しする制度(JTI制度)を活用し、郊外団地で賃貸化を促進
事業概要 [PDFファイル/364KB]

都市近郊型空き家物件の福祉目的における再活用整備事業一般社団法人 古家空家調査連絡会福岡市社会福祉協議会へ寄付・遺贈された空き家を、再活用する際のルール・仕組みづくりを行い、福祉目的での活用を促進
事業概要 [PDFファイル/557KB]
医療・介護の専門職と連携した「誰もが集える」地域の交流拠点づくり事業医療法人 親仁会みさき病院大牟田市医療・介護の専門職と連携し、空き家を『地域の交流拠点』として活用
事業概要 [PDFファイル/261KB]
売却困難な空き家の収益物件化事業株式会社 早川不動産福岡市売却困難な空き家や借り手のつかない空き家を、複数戸ワンルームに改修し、賃貸物件として市場での流通を促進
事業概要 [PDFファイル/523KB]

採択事業一覧 [PDFファイル/122KB]

                               

3.空き家問題の対策に向けて

 空き家問題にかかる対策等をまとめた手引きとして「空き家問題の対策に向けて」を作成しました。 
 (平成28年3月改定) 

    手引表紙の画像です

4.事業制度について

  県内における空き家の適正管理条例の施行状況や、空き家再生等推進事業、街なみ環境整備事業、小規模住宅地区改良事業等による活用・除却の具体的な対策事例を紹介します。

 適正管理条例について

 空き家に対する各自治体の方針を明確にし、空き家に対する措置を定めて、管理不全な状態とならないことを目的としています。

 【県内市町村の取り組み事例】 

空き家バンクについて

 空き家バンクは、売却や賃貸を希望する空き家所有者から申し込みを受けた不動産情報を、市町村が登録し、インターネットや市町村の窓口を通じて、購入又は賃貸入居の希望者に情報提供する制度です。

 市町村が介入することで、不動産の取扱いに不慣れな空き家所有者や利用者に対し、安心感を与えると共に、住宅に関する施策と連携させ、移住・定住を促すツールとして活用されています。

県内の空き家バンクの実施状況についてまとめた『空き家バンクの豆ガイド(平成28年3月)』を作成しました。

空き家バンクの豆ガイドの内容を示した画像です

福岡県内の空き家バンク制度はこちらから検索してください。

 

 

住まいの健康診断について

 中古住宅の流通促進のため、売却予定の中古住宅を対象に専門家による現況検査を実施し、その結果について情報提供することで、安心して取引を行える環境整備を図る「住まいの健康診断」を実施しています。

住まいの健康診断ロゴマーク

 

空き家の活用や除却対策に関する事業

国土交通省 空き家再生等推進事業

 地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のために行う事業です。

(活用タイプ)

北九州市住まい向上リフォーム推進事業

久留米市住宅リフォーム助成事業、久留米市空き家活用住宅リフォーム助成事業

田川市住宅リフォーム工事補助金制度

中間市中古住宅リフォーム補助金制度

うきは市空き家リフォーム事業費補助制度

(除却タイプ)

北九州市老朽家屋等除却促進事業

大牟田市老朽危険家屋等除却促進事業大牟田市中心市街地老朽建築物除却促進事業

久留米市老朽危険家屋等除却促進事業

柳川市老朽危険家屋等除却促進事業

大川市老朽危険家屋等除却促進事業

豊前市老朽危険家屋等除却促進事業

芦屋町老朽危険家屋等解体補助金

遠賀老朽危険家屋等除却促進事業

広川町空き家解体処理費補助金

空き家再生等推進事業(活用タイプ)実施事例

 老朽化の著しい住宅が存在する地区において、居住環境の整備改善を図るため、空き家住宅・空き建築物を改修、活用して地域の活性化や地域コミュニティの維持再生を図る事業です。

もえもん家

空き家対策総合支援事業(平成28年度新規事業)

  空家等対策計画に基づき実施する空き家の活用や除却などを地域のまちづくりの柱として実施する市町村に対して、国が重点的・効率的に支援を行う事業です。

街なみ環境整備事業

  住宅が密集し、かつ、生活道路等の地区施設が未整備であること、住宅等が良好な美観を有していないこと等により、住環境の整備改善を必要とする区域において、地方公共団体及び街づくり協定を結んだ住民が協力して、住宅、地区施設等の整備改善を行うことにより、ゆとりとうるおいのある住宅地区の形成を図る事業です。

 うきは市

住宅確保要配慮者あんしん居住推進事業

 住宅確保が難しい高齢者等(住宅確保要配慮者)の世帯向けに空き家を活用するため、住宅確保要配慮者の入居等を条件に、民間賃貸住宅の空き家部分の改修工事に要する費用の一部を国が直接補助する事業です。

先駆的空き家対策モデル事業(平成28年度新規事業)

 空き家対策に関する市区町村の取組を促進するとともに、全国の空き家対策を一層促進するため、市区町村等にノウハウの蓄積が十分ではない事務や官民が協力して取組む事業等について、先駆的に実施される取組を支援し、その成果の全国への展開を図る事業です。

小規模住宅地区改良事業

 不良住宅が集合すること等により生活環境の整備が遅れている地区において、地方公共団体が不良住宅を除却し、従前居住者向けの住宅(小規模改良住宅)を建設するとともに、生活環境、児童遊園等を整備する事業です。

  • 国土交通省 九州地方整備局

    小規模住宅地区改良事業

    住宅市街地総合整備事業(密集型)

     密集住宅市街地において、老朽住宅等の建替えと公共施設の整備を促進し、住環境改善、防災性の向上等を図るため、住宅市街地の再生・整備を総合的に行う事業です。

国土交通省 九州地方整備局

住宅市街地総合整備事業

住宅団地型既存住宅流通促進モデル事業(平成27年度事業終了)

 空き家が現に発生し、また、発生が見込まれる郊外型住宅団地を対象として、既存住宅の売買や賃貸化による利活用に向けた取り組みを実施する者に対し、国が必要な費用を補助することにより、既存住宅が循環利用されるストック型の住宅市場の実現を図ることを目的とした事業です。

空き家管理等基盤強化推進事業(平成27年度事業終了)

 全国の地域において増加している空き家が適正に管理され、又は状況によっては活用(売買、賃貸)され若しくは解体される全国的な仕組みの構築を図る観点から、地方公共団体を主体とした多様な主体の連携による地域の空き家の適正管理等に関する相談体制を整備する事業を行おうとする者に対し、または空き家の適正な管理を支援する空き家管理ビジネスを育成・普及する事業を行おうとする者に対し、国がその実施に要する費用の一部を補助するものです。

 

5.その他リンク

福岡県移住・定住ポータルサイト

県内の仕事や住まい、支援制度を紹介し、福岡県へ移住・定住しやすい環境づくりを推進するため、リアルタイムに福岡県内のイベント情報や新着情報を発信し、引越し、転職、起業、就農など、福岡県への移住・定住を応援する福岡県公式サイトです。

福岡県移住・定住ポータルサイトの画面のイラストです。

福岡県移住・定住ポータルサイト(新しいウィンドウで開きます)

住み替え・二地域居住

生活の拠点としている現在の住まいの他に、異なるライフスタイルで暮らすための取組を支援する国土交通省、(一社)すまいづくりまちづくりセンター連合会のサイトです。

住み替え・二地域居住サイトの画像です

移住支援情報(新しいウィンドウで開きます)

住み替えに関する相談(新しいウィンドウで開きます)

住み替えで実現したいライフスタイル(新しいウィンドウで開きます)

国の主な移住支援制度について(新しいウィンドウで開きます)

この情報に関連する情報

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)