ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

就業構造基本調査

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年12月2日更新

就業構造基本調査

就業構造基本調査とは

 就業構造基本調査は、「統計法」に基づく基幹統計として、総務省が都道府県、市町村を通じて行う調査で、ふだん仕事をしているかどうかや就業に関する希望等について調査し、その結果は雇用に関する各種政策の立案、非正規雇用問題への対応、職業能力の開発・人材の育成、育児・介護と就業の両立支援といった各種政策の基礎資料として幅広く利用されます。

 この調査は、昭和31年から概ね3年おきに、昭和57年以降は5年ごとに行われており、直近調査は平成24年に第16回目が実施されました。

調査結果(総務省HPへリンク)

調査結果(福岡県分)

※平成24年就業構造基本調査結果(福岡県)の9ページの図5に数値の誤りがありましたので、訂正を行いました。(平成25年12月2日)