ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康・福祉 > こころの健康 > 自殺防止 > 福岡県地域自殺予防情報センター

福岡県地域自殺予防情報センター

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年11月29日更新

1 地域自殺予防情報センターの業務内容

当センターの業務内容は次の通りです。

  • 自殺を考えている人や自死遺族の方等からの相談対応
  • 福岡県内の自殺に関わる情報の収集と関係機関への情報の提供
  • 自殺対策に関わる関係機関の資質向上のための研修の実施
  • 自殺対策に関わる関係機関との連携

2 相談窓口

2-1 相談窓口

「来所・電話相談」

 当センターでは、自殺を考えるようなつらい悩みを抱えておられる方からの相談(来所・電話)に応じております。
 来所相談は予約制です。事前にお電話でお申込み下さい。秘密は固く守られます。(なお、メールでのご相談はお受けしておりません。)

 来所相談  月曜日、火曜日、木曜日、金曜日 9時から12時 (予約制)

 電話相談  月曜日から金曜日 8時30分から17時15分
 
 相談・予約・問合せ先

   福岡県精神保健福祉センター相談指導課  電話番号 092-582-7500 (土曜日、日曜日、祝日、年始年末は除く)

「心の健康相談電話」

  「不安」「落ち着かない」「話を聴いてほしい」等、お電話だけでご相談されたい方のための電話相談です。

 専任の電話相談員が悩みをお聴きします。

 電話番号   092-582-7400

 受付時間   月曜日から金曜日 9時から12時、13時から16時 (祝日、年末年始は除く)

「ふくおか自殺予防ホットライン」

 自殺を考えている方等からの心の悩みに関する相談を24時間受けている相談電話です。

 電話番号  092-592-0783

 受付時間  24時間(年中無休)

2-2 自死遺族のための相談窓口

「法律相談」

 ご家族など大切な方を自死(自殺)で亡くされた方で、相続、借金、労災、補償問題など様々な法律問題でお困りの方はいらっしゃいませんか?
 当センターで弁護士が無料で法律相談に応じます。


「こころの健康に関する相談」

 大切な人を失い、気持ちの整理がつかず、誰かに話を聞いてもらいたいとき、こころの健康について相談したいときなど、どうぞご利用ください。

 来所相談  月曜日・火曜日・木曜日・金曜日 9時から12時 (予約制)

 電話相談  月曜日から金曜日 8時30分から17時15分

 相談・予約・問合せ先       

   福岡県精神保健福祉センター相談指導課  電話番号 092-582-7500 (土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)  


 お近くの保健福祉(環境)事務所でも、こころの健康に関するご相談をお受けしています。

  筑        紫     092-513-5585       田       川  0947-42-9307 

  粕        屋     092-939-1185       北  筑  後  0946-22-3965

  糸        島     092-322-3326       南  筑  後  0944-72-2176

  宗像・遠賀     0940-36-2473               京       築     0930-23-2966

  嘉穂・鞍手    0948-21-4875

   (受付日時   月曜日から金曜日 8時30分から17時15分 祝日、年末年始を除く)  


「自死遺族の集い」のご案内

 大切な人を自死で亡くされた方が集い、気持ちを語り合い、支え合う場です。お話を聴くだけでも、匿名での参加も可能です。

2-3 その他 自殺予防に関する相談窓口

 他にも福岡県内には、うつ病、心の健康に関する悩み等を相談できる窓口があります。
 また、労働上の問題、多重債務、DV(配偶者・恋人からの暴力)等を相談できる窓口もあります。
 ひとりで悩まずにお電話ください。

この項で取り扱う統計情報(全国及び福岡県)は、2-2「全国と福岡県の自殺者数の推移」では厚生労働省が公表している人口動態統計をもとに、そのほかのものは警察庁が公表している自殺統計をもとに作成しています。両者の数値は調査対象等の違いのため一致しません。

このうち、警察庁の自殺統計における福岡県の自殺者数は「県内で確認された自殺者の数」となります(福岡県外に居住する県内の自殺者を含み、県外で自殺した県内居住者を除きます)。

 

3 県内外における自殺の現状

3-1 はじめに

3-2 全国と福岡県の自殺者数の推移

平成に入り年間2万人台前半で推移していた自殺者数は、平成10年に3万人超に跳ね上がり、以後約10年間は3万人前後で横ばいでした。平成22年に全国の自殺者数が3万人を割り込み、それ以降は年々自殺者数が減少しており、平成27年は23,152人とさらに前年を下回りました(図2-1上)。

このような傾向は福岡県でも同様にみられ、県内では平成10年から年間1000人超の自殺者が毎年続く状況でしたが、平成26年は993人と16年ぶりに1000人を割り込み、平成27年は901人でさらに前年を下回る結果となりました(図2-1下)。

自殺者総数における男女の比は、年により変動が見られるものの、おおむね男性が女性の2倍超となっています。

excelグラフ

 

 

(図2-1)自殺者数の推移(平成8年から平成27年、厚生労働省人口動態統計)

 

 

3-3 県内の年齢階層別自殺者数

近年は50代、60代の自殺者数が多い状況でしたが、全体的な自殺者数の減少に伴いこの年代の自殺者数も減少しています。一方、若年層に目を向けると20歳未満及び20代の自殺者数は約20年間おおむね一定の範囲となっています(20歳未満は20から30人/年、20代は100から150人/年)(図2-2)。

年齢層別の自殺者数の推移です。

(図2-2)県内の年齢階層別自殺者数(平成21年から平成27年、警察庁統計)

 

3-4 県内の職業別自殺者数

職業別の自殺者数の状況は図2-3のとおりです。主婦や失業者、年金等生活者を除く無職者と被雇用者が多数を占めてはいるものの、どちらも減少傾向です。これは後述するように経済的な理由での自殺や勤務上の問題による自殺が減少していることと関連があると考えられます。

職業別の自殺者数の推移です。

(図2-3)県内の職業別自殺者数(平成21年から平成27年、警察庁統計)

 

3-5 原因・動機別の自殺者数

原因・動機別の自殺者の割合は図2-4のとおりです。なお、この統計では遺書等の自殺を裏付ける資料により明らかに推定できる原因・動機を自殺者一人につき3つまで計上しているため、各項目の合計値は自殺者総数と一致しません。

各項目とも減少傾向ですが、占める割合としては健康問題が約半分と最多で、次いで経済・生活の問題、家庭問題の順となっています。

動機別の自殺者数の推移です。

(図2-4)県内の原因・動機別自殺者数(平成21年から平成27年、警察庁統計)

 

3-6 参考となる情報

4 福岡県における自殺対策


福岡県では、福岡県自殺対策連絡協議会が自殺対策の今後の取り組むべき指針として取りまとめた「福岡県自殺対策連絡協議会報告書(平成20年3月)」に基づき、次の目標を設置し自殺対策を推進しています。

平成28年までに、平成18年の自殺死亡率を20%以上減少させることを目標とする。

すなわち、平成18年の自殺死亡率25.7を平成28年までには20.6に減少させることを目標とする。

※自殺死亡率 人口10万人あたりの自殺者数

 

 

福岡県では平成24年度から平成26年度まで実施した福岡県自殺未遂者支援事業の成果を踏まえ、「福岡県自殺未遂者支援マニュアル」を作成しました。支援の際にぜひご活用ください。

 

 

福岡県は、「こころの健康づくり健診の進め方(こころの健康度自己チェックガイドブック)」を平成26年3月に作成しました。「こころの健康づくり健診」とは、質問票や面接を通して自殺と関連の深いうつ病を早期に発見し、支援するための取組みです。本ガイドブックは、質問票を自己チェックし、それをもとに健診従事者が1回の面接を実施することでうつ傾向やうつ病に気づき、相談・指導を行うことを目的として、どのように対応したらよいかを示したものです。

 

 

うつ病の早期発見、早期治療につながるよう、うつ病に関する質問票等を掲載した啓発用チラシを作成しました。ご活用ください。

5 研修会・講演会のご案内

 福岡県内各地で開催されています自殺対策に関する研修会を順次ご案内します。
 自殺予防と自死遺族のためのパンフレットを作成しています。自死遺族の方や、支援者の方等、是非ご活用ください。

6 自殺予防と自死遺族相談のパンフレット

7 WHO自殺予防ガイドライン「自殺報道をする際に注意すべきこと」

 WHOでは、「自殺予防 メディア関係者のための手引き」が作成され、メディア関係者が自殺関連報道をする際に注意すべき点がまとめられています。

8 リンク先

 以下のホームページにもリンクしています。ご参照下さい。

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)