ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 住まい(土地・建物) > 建物情報 > 木造戸建て住宅を対象とする耐震化促進の取組み

木造戸建て住宅を対象とする耐震化促進の取組み

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月7日更新

 第1段階 調べてみよう

まずは、住まいの耐震化について、基本的な情報や知識を得て、耐震化について考えてみましょう。 

パンフレットの作成・配布

福岡県では、住まいの耐震化に関するパンフレットを作成し、配布しています。

 ■作成・配布しているパンフレット

 ■配布場所

  • 福岡県 住宅計画課
  • 福岡県 各県土整備事務所 建築指導課
  • 一般財団法人 福岡県建築住宅センター
  • 各市町村 (配布場所等は市町村により異なります。)

生涯あんしん住宅 「耐震展示コーナー」

福岡県が人と環境にやさしい住まいの形を提案するために設置したモデル住宅「生涯あんしん住宅」に「耐震展示コーナー」を設置しています。

基礎の補修や壁の補強をはじめとして、家具の転倒対策など、住まいを地震から守るための工夫を展示しています。

詳しくは以下のリンクをご参照下さい。

   一般財団法人 福岡県建築住宅センター 「生涯あんしん住宅」(新しいウィンドウで開きます)

その他の情報

   一般財団法人 日本建築防災協会 「耐震支援ポータルサイト」(新しいウィンドウで開きます)

   内閣府 「防災シミュレーター」(新しいウィンドウで開きます)

第2段階 聞いてみよう

住まいの耐震化をすすめるために、具体的にどうすべきなのか、専門家に相談してみましょう。

耐震化に関する相談

一般財団法人 福岡県建築住宅センターの住宅相談コーナーでは、耐震診断や改修に関する相談を受けています。

詳しくは以下のリンクをご参照下さい。

   一般財団法人 福岡県建築住宅センター 「住宅相談」(新しいウィンドウで開きます)

住まいの耐震化教室

住まいの耐震化に関する疑問の解消や知識の向上に役立つよう、一般財団法人 福岡県建築住宅センターが講師を派遣し、住まいの耐震化教室を実施しています。

詳しくは以下のリンクをご参照下さい。

   一般財団法人 福岡県建築住宅センター 「住まいづくり教室」(新しいウィンドウで開きます)

 

第3段階 診断してみよう

耐震診断を行い、住まいの耐震性が十分かどうかをチェックしてみましょう。

耐震診断アドバイザーの派遣

建物の壁の位置、屋根の仕様などを調査する耐震診断アドバイザーを現地に派遣し、地震に対する強さを総合的に検討します。

 ■対象

  昭和56年5月以前に福岡県内に建築された2階建て以下の木造戸建て住宅

 ■調査メニューと利用者負担額

  • 基本診断 (利用者負担 3,000円)

    耐震診断アドバイザーが住宅を目視の範囲で調査し、地震に対する安全性について簡易な診断を行います。

  • 床下・小屋裏進入調査付診断 (利用者負担 6,000円)

    基本診断に加え、床下・小屋裏に進入して調査を行い、耐震性についてより詳細な診断を行います。

    ご希望に応じて、耐震改修計画書や工事概算見積書を作成できます。

詳しくは以下のリンクをご参照下さい。

   一般財団法人 福岡県建築住宅センター 「耐震診断アドバイザー」(新しいウィンドウで開きます)

第4段階 対策をしよう

耐震診断の結果、耐震性に問題がある場合は、耐震改修工事等を行い、住まいの地震に対する安全性を高めましょう。

福岡県木造戸建て住宅耐震改修促進事業補助金

 

福岡県は、市町村が行う木造戸建て住宅耐震化促進を目的とする補助事業を支援しています。

補助対象要件、金額等は市町村により異なりますので、お住まいの市町村にご確認ください。

 ■耐震改修工事

  • 主な要件

    ○昭和56年5月以前に建築された木造戸建て住宅

    ○耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満  等

 ■耐震シェルター・防災ベッドの設置

  耐震改修工事ができない場合は、居住空間の一部を強固にすることで、住宅が倒壊しても生命を守る方法もあります。

  • 主な要件

    ○昭和56年5月以前に建築された木造戸建て住宅

    ○耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満

    ○高齢者、障がい者等が居住している  等

耐震シェルターの例

製品名発注先TelFax
シェルターユニットバス(UB)J建築システム株式会社011-573-7779011-573-7811
耐震シェルター 耐震和空間株式会社ニッケン鋼業0544-58-83360544-58-8337
木質耐震シェルター株式会社一条工務店0120-422-231053-596-3655
耐震シェルター 安全ボックス株式会社ガリレオコーポレーション092-432-1788092-432-1820
耐震シェルター レスキュールーム有限会社ヤマニヤマショウ0965-37-0201 
木造軸組耐震シェルター 剛建株式会社サニックス092-233-1789092-233-1791
J.Pod耐震シェルターJ.Pod&耐震工法協会06-6809-314306-6809-3143
つみっくベッドシェルター株式会社つみっく0852-28-31780852-28-3178
屋内用耐震シェルター全徳島建設労働組合フレッセ088-632-1351088-631-5473
屋内用耐震シェルター株式会社とくしま防災ネット088-679-8091

088-679-8092

防災ベッドの例

製品名発注先TelFax
介護用防災フレーム株式会社ニッケン鋼業0544-58-83360544-58-8337
防災ベッド
安心防災ベッド枠フジワラ産業株式会社06-6586-338806-6586-1177
もくもくもくベッド有限会社中山工務店0884-44-27080884-44-2391

耐震リフォームに関する減税制度

耐震改修促進税制 (所得税)

個人が住宅の耐震改修を行った場合には、所得税額から一定の額を控除できます。

  • 主な要件

    ○昭和56年5月以前に建築されたもの

    ○現行の耐震基準に適合しないもの  等

詳しくは以下のリンクをご参照下さい。

   公益社団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター「耐震リフォーム 投資型減税」(新しいウィンドウで開きます)

耐震改修促進税制 (固定資産税)

住宅の耐震改修を行った場合には、固定資産税額から一定額を減税できます。

  • 主な要件

    ○昭和57年1月1日以前からある住宅

    ○現行の耐震基準に適合する改修工事であること  等

詳しくは以下のリンクをご参照下さい。

   公益社団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター「耐震リフォーム 固定資産税の減税」(新しいウィンドウで開きます)

 

その他

住宅の耐震化に関する市町村のお問い合わせ先

 
市町村担当課Tel市町村担当課Tel市町村担当課Tel
北九州市住宅計画課093-582-2592古賀市都市計画課092-942-1119小竹町総務課09496-2-1212
福岡市建築物安全推進課092-711-4580福津市都市管理課0940-62-5036鞍手町建設課0949-42-2111
大牟田市建築指導課0944-41-2797うきは市住環境建設課0943-75-4987桂川町建設事業課0948-65-3330
久留米市建築指導課0942-30-9089宮若市建築都市課0949-32-0955筑前町都市計画課0946-42-6641
直方市住宅課0949-25-2262嘉麻市防災対策課0948-62-5690東峰村総務課0946-72-2313
飯塚市建築課0948-22-5500朝倉市都市計画課0946-22-1115大刀洗町建設課0942-77-6204
田川市建築住宅課0947-44-2000みやま市都市計画課0944-64-1532大木町総務課0944-32-1035
柳川市建設課0944-77-8544糸島市都市計画課092-332-2077広川町建設課0943-32-1157
八女市都市計画課0943-23-2577那珂川町都市計画課092-953-2211香春町住宅水道課0947-32-8403
筑後市都市対策課0942-65-7029宇美町総務課092-932-1111添田町防災管理課0947-82-4002
大川市都市計画課0944-85-5604篠栗町都市整備課092-947-1111糸田町建築課0947-26-4020
行橋市建築政策課0930-25-1111志免町都市整備課092-935-1099川崎町建築課0947-72-3000
豊前市都市住宅課0979-82-1111須恵町総務課092-932-1151大任町総務企画財政課0947-63-3000
中間市都市整備課093-246-6260新宮町地域協働課092-963-1734赤村産業建設課0947-62-3000
小郡市都市計画課0942-72-2111久山町総務課092-976-1111福智町住宅課0947-22-7768
筑紫野市商工観光課092-923-1111粕屋町協働のまちづくり課092-938-0173苅田町都市計画課093-434-6521
春日市都市計画課092-584-1135芦屋町企画政策課093-223-3570みやこ町総務課0930-32-2511
大野城市都市計画課092-580-1868水巻町管財課093-201-4321吉富町総務課0979-24-1122
宗像市地域安全課0940-36-5050岡垣町都市建設課093-282-1211上毛町総務課0979-72-3111
太宰府市都市計画課092-921-2121遠賀町都市計画課093-293-1234築上町都市政策課0930-56-030

新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法(新耐震木造住宅検証法)

熊本地震における建築物の被害を踏まえ、国土交通省からの依頼に基づき、一般財団法人 日本建築防災協会において、以下の要件をすべて満たす住宅の耐震性を効率的に検証する方法として、「新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法(新耐震木造住宅検証法)」がとりまとめられました。

  • 対象となる住宅の要件

    ○昭和56年6月以降、平成12年5月までに建築された木造住宅

    ○在来軸組工法の住宅(基礎はコンクリート造)

    ○平屋建て、または2階建て

詳しくは以下のリンクをご参照下さい。

   一般財団法人 日本建築防災協会 「新耐震木造住宅検証法」(新しいウィンドウで開きます)

 

業者を探す際に参考となる情報

建築物の耐震診断・耐震改修実施事務所一覧

一般財団法人 日本建築防災協会が、建物所有者・管理者等が耐震診断、耐震改修を行おうとするときに相談できる耐震診断や耐震改修を実施する建築士事務所の名簿を掲載しております。

都道府県別に事務所名、担当建築士名、電話番号等が掲載してありますので参考にしてください。

   一般財団法人 日本建築防災協会 「建築物の耐震診断・耐震改修実施事務所一覧」(新しいウィンドウで開きます)

掲載については、対応できる建築物の構造区分Wの欄に◎印または○印が付けて有ります。

特に、構造区分の◎印については、登録耐震診断資格者講習又は登録耐震診断資格者講習と同等以上の内容を有すると国土交通大臣が認める講習を受講した者が所属する事務所です。

建築士名簿の閲覧について

公益社団法人 福岡県建築士会において、建築士名簿を閲覧することができます。

    住所 : 福岡市博多区博多駅東3-14-18 福岡建設会館5階

    電話番号 : 092-441-1867

電話によるお問合せの場合は、一般の方に限り、氏名と登録番号がわかり資格者を特定した上で、資格の有無(建築士かどうか)を確認することができます。

なお、二級建築士及び木造建築士は、免許を受けた都道府県の建築士会にご確認ください。

詳しくは以下のリンクをご参照下さい。

   公益社団法人 日本建築士会連合会 「一級建築士名簿の閲覧申請方法」(新しいウィンドウで開きます)

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)