ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 住まい(土地・建物) > 建物情報 > 宅地建物取引士になるには(試験・登録・宅地建物取引士証)
トップページ > くらし・環境 > 住まい(土地・建物) > 土地情報 > 宅地建物取引士になるには(試験・登録・宅地建物取引士証)
トップページ > 県政基本情報 > 資格・試験・講習 > 建築、宅地建物取引 > 宅地建物取引士になるには(試験・登録・宅地建物取引士証)

宅地建物取引士になるには(試験・登録・宅地建物取引士証)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月29日更新

平成27年4月からの法定講習及び宅地建物取引士証についてのお知らせ

宅地建物取引業法の一部を改正する法律(平成26年法律第81号)により、平成27年4月1日から「宅地建物取引主任者」が「宅地建物取引士」に改称されました。

 現在交付されている「宅地建物取引主任者証」は、平成27年4月1日以降は「宅地建物取引士証」とみなされますので、有効期間満了までそのまま業務に使用できます。

 有効期間内であっても宅地建物取引士証への切替を希望される方は切替えることができますが、再交付申請(手数料4,500円)が必要です。

 また、平成27年4月1日以降の法定講習は、講習科目の追加、講習時間の増加、受講料の改定が行なわれています。

宅地建物取引士について

 宅地建物取引士とは、宅地建物取引業に従事して宅地建物の重要な事項等を調査、説明する資格者をいいます。この資格を得るには次の手続きを経なければなりません。

  1. 「宅地建物取引士資格試験(毎年7月受付、10月試験)」に合格すること。
  2. 一定の要件のもと、都道府県知事の「宅地建物取引士資格登録」を受けること。
  3. 「宅地建物取引士証」の交付を受けること。

※「宅地建物取引士証」の有効期間が切れた場合、「宅地建物取引士」ではなくなり、宅地建物取引士としての業務はできません。この場合でも、「資格登録」は継続しておりますので、再度宅地建物取引士証の交付が必要な場合は、申請を行うことで交付を受けることができます。
 また、宅地建物取引士証の交付の有無にかかわらず、登録内容(「住所」・「氏名」・「本籍」・「宅建業に従事する勤務先」)に変更が生じた場合は、変更登録申請が必要ですので、ご注意ください。

試験の問い合わせ先

(一財)福岡県建築住宅センター(福岡市中央区天神1-1-1 アクロス福岡5階 電話番号 092-737-8013)

(一財)不動産適正取引推進機構(試験部)(東京都港区虎ノ門3-8-21 第33森ビル3階 電話番号 03-3435-8181)

(一財)不動産適正取引推進機構へはこちら(別ウィンドウで開きます。)

登録の手続きについて

登録の手続きについて(必要書類一覧等) [PDFファイル/151KB]

提出様式等

登録申請書(様式第5号)、実務経験証明書(様式第5号の2)、誓約書(様式第6号) [PDFファイル/367KB]

登録申請書(様式第5号)、実務経験証明書(様式第5号の2)、誓約書(様式第6号) [Wordファイル/195KB] 

福岡県内市区町村コード表 [PDFファイル/40KB]

宅地建物取引士証の問い合わせ先

(公社)福岡県宅地建物取引業協会(福岡市東区馬出1-13-10 電話番号 092-631-2323)

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)