ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

下関北九州道路

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月23日更新

「ホーム」へのリンクボタン「関門海峡道路に期待される効果」へのリンクボタン「位置づけ」へのリンクボタン「同盟会」へのリンクボタン「経緯」へのリンクボタン「これまでの取組内容(H19まで)」へのリンクボタン「これまでの取組内容(H20以降)」へのリンクボタン

関門海峡の航空写真
                 関門海峡の航空写真(写真下側が北九州市)

 下関北九州道路(関門海峡道路)は、下関市と北九州市の都心部を結び、関門トンネルや関門橋と一体となって、関門海峡エリアの循環性を高めるネットワークを形成する道路です。
 国は、平成4年度から海峡横断プロジェクトの調査として関門海峡道路の
基礎的な調査を行っていましたが、平成20年3月に個別プロジェクトの調査の中止を発表し、以後、その調査は進んでいない状況です。
 福岡県は、山口県、北九州市、下関市と連携しながら、国に対して下関北九州道路の具体化に向け、必要な調査を行うよう働きかけを行っています。

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。