ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 防災・安全 > 交通安全 > 交通安全 > 福岡県自転車条例について

福岡県自転車条例について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

福岡県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例について

 自転車は通勤・通学やレジャーなど、日常生活に密着した環境に優しい乗り物として多くの人に利用されています。しかしながら、自転車が加害者となる対歩行者事故は増加傾向にあり、自転車利用者の交通ルール違反やマナーの悪さが問題となっています。

 自転車の安全な利用と自転車事故の防止を図るため、平成29年4月1日(一部10月1日)から「福岡県自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」(福岡県自転車条例)が施行されました。

 交通ルールとマナーを守り自転車を安全に利用するとともに、万一に備え自転車損害賠償保険に加入しましょう。

     

条例の主な内容

自転車の安全利用の促進

  • 夜間のライト点灯
  • ブレーキを備えていない自転車の運転禁止
  • 飲酒運転、傘差し運転の禁止
  • 携帯電話やイヤホン・ヘッドホンを使用し、大音量で音楽などを聞きながらの運転禁止
  • 点検整備の実施

    夜間ライト点灯、傘差し運転禁止

 


交通安全教育の充実

  • 自転車交通安全教育の実施
  • 子どもや高齢者のヘルメット着用についての理解促進

    安全教育、ヘルメット着用推進

 


自転車損害賠償保険※ 加入の努力義務化(10月1日から)

  • 自転車を利用する者(子どもが利用する場合はその保護者)
  • 事業活動において、従業員に自転車を利用させる事業者

※事故の相手にケガをさせたり、物を壊したりして、損害賠償金などを負担した場合の損害を補償する自転車損害賠償保険は、下記のとおり日常生活でのものと、業務中のものとがあります。中には、被保険者のケガの補償まで対応する「傷害保険」がセットになっているものや、自転車そのものにかける保険(TSマーク付帯保険等)があります。

 

日常生活での賠償責任保険等

自転車保険の種類保険の概要
個人賠償責任保険自転車保険自転車事故に備えた保険
自動車保険の特約自動車保険の特約で付帯した保険
火災保険の特約火災保険の特約で付帯した保険
傷害保険の特約傷害保険の特約で付帯した保険
共済全労済、その他共済など
団体保険会社等の団体保険団体の構成員向けの保険
PTAの保険PTAや学校が窓口の保険
TSマーク付帯保険

自転車安全整備士が点検整備した自転車に付帯した保険

 

業務中での賠償責任保険

自転車保険の種類保険の概要
施設所有者賠償責任保険業務活動中の事故に備えた保険
TSマーク付帯保険

自転車安全整備士が点検整備した自転車に付帯した保険

 

注) ・自転車損害賠償保険の加入状況の確認については、下記のフローを使って確認してください。

     ・加入を検討される場合は、各損害保険や、共済等の取扱店にご確認してください。

      ・「ふくおかの県民自転車保険」については、一般財団法人福岡県交通安全協会のホームページをご覧ください。

          http://fukuoka-hprtsa.jp/(新しいウィンドウで開きます)

      ・TSマーク付帯保険については、お近くの自転車安全整備士のいる自転車店にお問い合わせください。

 

    自転車損害賠償保険の加入状況の確認について

 


自転車小売業者などによる情報提供の義務化(10月1日から)

  • 道路交通法などの罰則、ヘルメットの着用、点検整備など、必要な情報の提供

    自転車小売店

 

 

この情報に関連する情報

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)