ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康・福祉 > 疾病対策 > がん対策 > がん拠点病院に関する情報ページ

がん拠点病院に関する情報ページ

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月12日更新

がん診療連携拠点病院等の新規(更新)申請及び現況報告について

令和2年度新規指定のがん診療連携拠点病院等の申請を受け付けています。

がん診療連携拠点病院等の指定を希望される病院につきましては、当課へ御連絡下さい。

がん診療連携拠点病院等の整備に関する問い合わせ

お問い合わせは、電子メールにてお願いします。

(1)問い合わせ先 福岡県保健医療介護部がん感染症疾病対策課

  メールアドレス shippei@pref.fukuoka.lg.jp

(2)必ず件名に【拠点病院問い合わせ ○○病院】と入力してください。

今後の手続き(予定)

令和元年 9月11日 指定に関する必要書類の提出依頼[国→県]

令和元年 9月12日 指定に関する必要書類の提出依頼[県→病院]

令和元年 9月27日 指定に関する必要書類の初回締切[病院→県]

令和元年10月11日 指定に関する必要書類の最終締切[病院→県]

令和元年10月31日 推薦書の提出[県→国]

福岡県内のがん拠点病院

 がん診療連携拠点病院等(以下「がん拠点病院」という。)については、平成14(2002)年度から整備をはじめ、県内には、県がん診療連携拠点病院(以下「県拠点病院」という。)2か所、地域がん診療連携拠点病院(以下「地域拠点病院」という。)14か所、地域がん診療病院2か所、県指定がん診療拠点病院(以下「県指定病院」という。)1か所の計19か所が整備されています。

【がん拠点病院の主な役割】

 

 県拠点病院、地域拠点病院及び地域がん診療病院は、国のがん診療連携拠点病院等の整備に関する指針(以下「整備指針」という。)によって、指定要件が定められています。

がん診療連携拠点病院等の整備に関する指針 [PDFファイル/451KB]

 県指定病院は、県内のがん医療体制を整備することを目的に、福岡県知事が指定した病院です。

福岡県指定がん診療拠点病院の指定に関する要綱 [PDFファイル/207KB]

 拠点病院配置図

県内のがん拠点病院(各病院のホームページへのリンク)

県がん診療連携拠点病院(2か所)

 県がん診療連携拠点病院は、がん専門医療従事者に対する研修や、地域がん診療連携拠点病院間の連携・調整を図り、県全体のがん対策に係る取組を牽引していく役割を担っています。

独立行政法人国立病院機構 九州がんセンター(新しいウインドウで開きます)

国立大学法人 九州大学病院(新しいウインドウで開きます)

地域がん診療連携拠点病院(14か所)

<福岡ブロック>

独立行政法人国立病院機構 九州医療センター(新しいウインドウで開きます)

福岡県済生会福岡総合病院(新しいウインドウで開きます)

福岡大学病院(新しいウインドウで開きます)

独立行政法人国立病院機構 福岡東医療センター(新しいウインドウで開きます)

<筑後ブロック>

久留米大学病院(新しいウインドウで開きます)

聖マリア病院(新しいウインドウで開きます)

公立八女総合病院(新しいウインドウで開きます)

地方独立行政法人 大牟田市立病院(新しいウインドウで開きます)

<筑豊ブロック>

飯塚病院(新しいウインドウで開きます)

社会保険田川病院(新しいウインドウで開きます)

<北九州ブロック>

北九州市立医療センター(新しいウインドウで開きます)

独立行政法人地域医療機能推進機構 九州病院(新しいウインドウで開きます)

産業医科大学病院(新しいウインドウで開きます)

社会医療法人共愛会 戸畑共立病院(新しいウインドウで開きます)

地域がん診療病院(2か所)

福岡大学筑紫病院(新しいウインドウで開きます)

一般社団法人朝倉医師会 朝倉医師会病院(新しいウインドウで開きます)

福岡県指定がん診療拠点病院(1か所)

国家公務員共済組合連合会 浜の町病院(新しいウインドウで開きます)

各がん拠点病院の現況

<がん拠点病院の診療実績等>

各がん拠点病院の診療実績などについて、福岡県がん診療連携協議会より情報提供がありました。

この内容につきましては、それぞれの病院にお問い合わせください。

各病院の患者数・診療件数の状況 [PDFファイル/302KB]

各病院のセカンドオピニオン件数 [PDFファイル/161KB]

各がん拠点病院の現況報告書等の内容について

 毎年1回、がん拠点病院からは、厚生労働省に現在の状況について、新規指定推薦書・指定更新推薦書または現況報告書が提出されます。
 厚生労働省のホームページにこれらの書類を基に作成された情報が掲載されています。下記リンクから、各病院の情報を検索できます。

国立がん研究センターがん対策情報センターホームページ:がん診療連携拠点病院を探す(新しいウインドウで開きます)

セカンドピニオンとは

 セカンドピニオンとは、患者さんが納得のいく治療法を選択することができるように、治療の進行状況、次の段階の治療選択などについて、現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に「第2の意見」を求めることです。セカンドピニオンは、担当医を替えたり、転院したり、治療を受けたりすることだと思っている方もいらっしゃいますが、そうではありません。まず、ほかの医師に意見を聞くことがセカンドピニオンです。

 担当医から説明された診断や治療方針について、納得のいかないこともあるかもしれません。「別の治療法はないのか」と思う場合もあるでしょう。セカンドピニオンを受けることで、担当医の意見を別の角度からも検討することができ、もし同じ診断や治療方針が説明された場合でも、病気に対する理解が深まることもあります。また、別の治療法が提案された場合には選択の幅が広がることで、より納得して治療に臨むことができます。

 セカンドピニオンは自分らしく納得できる選択をするために大変有用な仕組みです。

 病状や進行度によっては時間的な余裕がなく、なるべく早期に治療を開始した方がよい場合もあるので、セカンドピニオンの準備は現在の担当医に現在の病状と治療の必要性について確認するところから始まります。

 

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)