ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県土づくり・地域振興 > 都市計画 > 都市計画 > 都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(都市計画区域マスタープラン)について

都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(都市計画区域マスタープラン)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月1日更新

都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(都市計画区域マスタープラン)について   

1 都市計画区域の整備、開発及び保全の方針(都市計画区域マスタープラン)の概要

  1. 都市計画区域マスタープランは、当該都市の発展の動向、当該都市計画区域における人口、産業の現状及び将来の見通し等を勘案して、長期的視点に立った都市の将来像を明確にするとともに、その実現に向けての大きな道筋を明らかにし、当該都市計画区域における都市計画の基本的な方向性を示すものとして定めるものです。
    本県では、各都市計画区域マスタープランの変更に先立ち、持続可能な都市づくりを効果的に進めることを目的として、新たな「福岡県都市計画基本方針」(平成27年10月)を策定したところです。都市計画区域マスタープランは、この「福岡県基本方針」に即し、広域的な視点から各都市圏域の都市計画に関する基本的な方向性と主要な都市計画の決定の方針を示しています。
  2. 都市計画区域マスタープランの内容は、次のとおりです。
    ア 圏域の現状と課題
    イ 都市計画の目標
    ウ 区域区分の決定の有無及び区域区分を定める際の方針 
    エ 主要な都市計画の決定等の方針
     なお、区域区分とは、いわゆる線引きのことで、都市計画区域を市街化区域と市街化調整区域に区分することです。

2 都市計画区域の指定状況

福岡県の都市計画区域図
 

1 福岡都市圏(平成29年1月24日告示)
 構成市町(19市町):福岡市、筑紫野市、春日市、大野城市、宗像市、太宰府市、古賀市、福津市、朝倉市、糸島市、那珂川市、宇美町、篠栗町、志免町、須恵町、新宮町、久山町、粕屋町、筑前町

2 北九州都市圏(平成29年1月24日告示)
 構成市町(12市町):北九州市、行橋市、豊前市、中間市、芦屋町、水巻町、岡垣町、遠賀町、苅田町、みやこ町、吉富町、築上町

3 筑後都市圏(平成29年1月24日告示、平成30年3月30日告示(田主丸都市計画区域の指定及び筑後中央広域都市計画区域の変更に伴うもの))
 構成市町(10市町):大牟田市、久留米市、柳川市、八女市、筑後市、大川市、小郡市、みやま市、大刀洗町、広川町

4 筑豊都市圏(平成29年1月24日告示)
 構成市町(10市町):直方市、飯塚市、田川市、宮若市、嘉麻市、小竹町、鞍手町、桂川町、添田町、川崎町

 


  各市町一覧表及び都市計画区域の新旧対照表は、下記のとおりです。    

    都市計画区域の整備、開発及び保全の方針対象市町一覧表 [PDFファイル/108KB] 

    都市計画区域新旧対照表 [PDFファイル/110KB]

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)