ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 自然環境 > 自然・生物多様性 > 「手光ビオトープ」で、自然とのふれあいを体験しよう!

「手光ビオトープ」で、自然とのふれあいを体験しよう!

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月23日更新

手光ビオトープとは?

 ビオトープとは、生きものがすむ場所のことです。

 福岡県では、県民、市町村、NPO、企業・事業者、教育・研究機関などの多様な主体が互いに連携して、豊かな自然や生物多様性を守り、将来にわたってその恵みを受け取ることができる社会、「自然共生社会」の実現を目指しています。その取組の一環として、福津市手光(てびか)地区にビオトープを設置しました。

 手光ビオトープでは、当所と福津市、どじょうクラブ(ボランティア団体)が協力して維持管理を行い、いろいろな生きものがすむ場所を守りながら、水辺の生きもの観察会などを開催し、多くの方々が自然との共生や生物の多様性を実感できる場を提供しています。

来て見てさわって手光ビオトープ

ビオトープの池の中には魚、ヤゴ、エビ、貝の仲間がいっぱいいるよ!

草地にも、カエルや昆虫などの生きものがいっぱいいるよ!植物もね!

どのくらい見つけられるかな。来て、見て、さわって、動物や植物のことについて調べてみよう。

 

手光ビオトープの場所と案内

手光ビオトープの場所:福岡県福津市手光(近くに手光公民館(福津市手光1558-1)があります。そこを目安にお越しください。)


手光ビオトープの案内:流水池、止水池、田んぼ、草地、果樹園があります。

ビオトープの図面手光ビオトープの入り口手光ビオトープ写真2手光ビオトープ写真


手光ビオトープの運営は、株式会社伊藤園様の「お茶で日本を美しく」キャンペーンによりご支援いただいております。

株式会社伊藤園「お茶で日本を美しく」キャンペーンホームページhttps://www.itoen.co.jp/kirei/2013/fukuoka.html(新しいウィンドウで開きます)

 

手光ビオトープにすむ稀少な”生きもの”

手光ビオトープには、他の場所から”生きもの”を持ち込まないようにしています。でも、調べてみたら、こんなにたくさんの稀少な”生きもの”たちがやってきて、すみついています。

 
カスミサンショウウオと卵塊ドジョウニホンアカガエル

カスミサンショウウオと卵塊

(絶滅危惧2類)

ドジョウ

(絶滅危惧2類)

ニホンアカガエル

(絶滅危惧2類)

コガタノゲンゴロウカヤネズミミズワラビ

コガタノゲンゴロウ

(絶滅危惧2類)

カヤネズミ

(絶滅危惧2類)

ミズワラビ

(絶滅危惧1B)

ミズオオバココガマミズカマキリ

ミズオオバコ

(絶滅危惧1B)

コガマ

(絶滅危惧2類)

ミズカマキリ

(準絶滅危惧)

(注)希少な生きものの分類は、福岡県レッドデータブックによります。

(注)2類の2は、本来ローマ数字の2ですが、表示できませんので2で代用しています。

平成28年度の活動紹介

手光地区一斉清掃の日に、(株)伊藤園のみなさんと清掃活動をしました。

  • 日時 平成28年6月5日(日曜日)
  • 内容 水路清掃、草刈りをしてビオトープをきれいに清掃した後は、観察会を行いました。

 

水路の清掃をしています   ミニ観察会の様子

どじょうクラブの説明に熱心に耳を傾ける伊藤園のみなさんどじょうクラブの説明に熱心に耳を傾ける伊藤園のみなさん

 


生きもの観察会を開催しました

  • 日時:平成28年7月10日(日曜日) 
  • 場所:福津市中央公民館、手光ビオトープ
  • 内容 福津市中央公民館では、どじょうクラブによる活動発表、光陵高等学校うみがめクラブの皆さんによるカスミサンショウウオ調査報告が行われました。その後、手光ビオトープに移動し、池にすむ生きものを観察しました。網で採集したり、顕微鏡で観察したり、生きものとのふれあいに、大人も子どもも大喜びでした。

どじょうクラブによる活動発表 光陵高等学校うみがめクラブによる発表風景

保健環境研究所の中島先生による説明がありました 顕微鏡で見てみよう

夏の草花観察会を開催しました

  • 日時 平成28年8月23日(火曜日)
  • 場所 手光ビオトープ、福津市中央公民館
  • 内容 植物のにおいをかいだり、触ったりして、じっくり観察しました。その後、福津市中央公民館に移動し、採集した植物で標本づくりを体験しました。

植物観察の様子 採集した植物

植物標本 植物標本の作り方を教わりました

 

カスミサンショウウオ保全活動会を開催しました

  • 日時 平成28年12月16日(金曜日)
  • 場所 福津市中央公民館、手光ビオトープ
  • 内容 西南学院大学人間科学部の山根明弘准教授による「カスミサンショウウオの生態について」の講演の後、手光ビオトープに移動して、参加者全員でカスミサンショウウオの産卵場所づくりを行いました。水際でカスミサンショウウオが見つかり、みな大喜びで観察しました。

山根准教授による講演 産卵場所づくり

カスミサンショウウオ発見 産卵場所作り

 

 

 

 

手光ビオトープで活動しませんか?

1.ボランティア募集

上記の活動は、当所と福津市、どじょうクラブが協力して取り組んでいます。

どじょうクラブでは、昆虫や植物など生きものに興味のある方、子どもたちの観察会のお世話やビオトープの草刈などの維持管理活動にご協力いただける会員を募集しています。また、都合のよい時だけ、ご協力いただけるボランティアも大歓迎です。

一緒に汗をかき、将来を担う子どもたちの環境教育に一役買いませんか。

2.観察会を開催しませんか?

手光ビオトープは、県民に解放されたビオトープです。

池や草地があり、自然豊かな手光ビオトープでは、水辺の生きもの観察会や植物観察会、昆虫観察会など、いろいろな観察会を開催することができます。

四季おりおり、いろいろな生きもの観察会に、ぜひ、手光ビオトープをご活用下さい。

なお、ご利用にあたりましては、事前にご相談のうえ、利用申込書を提出していただいております。

ボランティア募集、ビオトープの利用につきましては、下記までお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。