ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

3 研修制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月27日更新

三連水車の画像


トップ みちすじ 相談 助成・資金 地域の支援 活躍する農業人 福岡県の女性農業者紹介

農業の研修制度

 就農後、早期に安定した農業経営を実現するために必要不可欠な、生産技術や経営のノウハウを習得できるよう、農業大学校や(マーク)チェック地域の先進的な農業者のもとで2年間程度の研修を行うのが一般的です。

 研修の制度としては次のようなものがあります。

 


 

福岡県農業大学校 (養成科・研修科)

福岡県農業大学校は筑紫野市に設置され、県の農業総合試験場と同じ場所にあります。

農業に関する高度な知識・技術を有する優れた農業経営者や農業技術指導者の養成を目的として、

実習・講義を中心に、コース・専門に応じた農業研修教育を実施しています。

・リンク 福岡県農業大学校HP

   


 


海外農業研修 (公益社団法人国際農業者交流協会)

欧米の農業先進国において、将来の営農に役立つ栽培技術や経営管理、栽培に関する環境基準や所得保障などの諸制度について、実際の農業者の下で共に仕事をしながら学び取るプログラムです。

これからの農業経営にはグローバルな視点も重要です。国際感覚や世界で通用する言葉を身に付けることもできるまたとないチャンスです。

リンク 国際農業者交流協会HP(募集要項)