ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康・福祉 > 感染症対策 > 新型インフルエンザ情報 > 福岡県新型インフルエンザ等対策行動計画
トップページ > 防災・安全 > 防災・国民保護 > 災害情報 > 福岡県新型インフルエンザ等対策行動計画

福岡県新型インフルエンザ等対策行動計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月7日更新

福岡県新型インフルエンザ等対策行動計画の策定について

 県では、平成125年4月に施行された新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成24年法律第31号。以下「特措法」という。)第7条の規定に基づき、「福岡県新型インフルエンザ等対策行動計画」(以下「県行動計画」という。)を策定しています。
※ 新型インフルエンザ等
  新型インフルエンザ及び新感染症(危険性が高い感染症が新たに発生した際に政令で指定する感染症)

経緯

 県では、新型インフルエンザが発生した際に県が実施すべき具体的な対策についてまとめた「福岡県新型インフルエンザ対策行動計画」を、平成21年4月に策定しました。(平成24年7月に改定)
 特措法の施行(平成25年4月)及び政府行動計画が策定(同年6月)されたことを受け、特措法に基づく法定計画として、平成25年9月県行動計画を策定しました。(旧行動計画は廃止)

県行動計画の概要

計画策定の趣旨

  • 新型インフルエンザ等が発生した場合、県民の生命や健康、経済全体にも大きな影響を与えるおそれがあることから、政府行動計画を踏まえ、国・市町村・関係機関・事業者等と連携・協力し、発生段階に応じた総合的な対策を推進するために策定したもの。
  • 病原性の高い新型インフルエンザ等への対応のほか、病原性が低い場合等様々な状況で対応できるよう対策の選択肢を示すもの。
  • 本県の対策の基本的な考え方、基本的人権の尊重等の対策実施上の留意点や実施する主な措置等を示すもの。

新型インフルエンザ等対策の目的

  • 新型インフルエンザ等の感染拡大を可能な限り抑制し、県民の生命及び健康を守るとともに、県民生活及び県民経済に及ぼす影響が最少となるようにする。

特措法に基づき新たに記載した事項

  • 特措法で新たに対象とされた新感染症に関する記載や、新たに制度化された指定地方公共機関の役割及び緊急事態宣言時において行うことができる措置等に関する事項を記載した。(詳細は別紙及び県行動計画概要版を参照)
  • 特措法に基づく措置は、政令市等を含め、県対策本部長である知事が行うことができる旨を記載した。

 ※ 指定地方公共機関
  都道府県の区域において医療、医薬品又は医療機器の製造又は販売、輸送その他の公益的事業を営む法人等のうち、都道府県知事が指定する事業者。新型インフルエンザ等が発生したときは、その業務について対策を実施する。

 ※ 緊急事態宣言(特措法第32条)
  政府対策本部長(内閣総理大臣)は、新型インフルエンザ等(国民の生命・健康に著しく重大な被害を与えるおそれがあるものに限る)が国内で発生し、全国的かつ急速なまん延により、国民生活及び国民経済に甚大な影響を及ぼすおそれがあると認められるときに、緊急事態宣言を行う。

福岡県新型インフルエンザ等対策行動計画

関連情報(外部リンク)

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)