ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康・福祉 > 医療 > 医薬品・医療機器 > セルフメディケーション税制について

セルフメディケーション税制について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月9日更新

セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)

平成29年1月1日、セルフメディケーション税制がはじまりました。

  平成33年12月31日までの5年間、医療用から転用された医薬品(いわゆるスイッチOTC医薬品)の購入費用について、所得控除を受けることができるようになりました。

セルフメディケーションとは

  WHO(世界保健機関)において、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること。」と定義されています。

  セルフメディケーションの推進により、県民の自発的な健康管理や疾病予防の取組を促進することはもちろん、医療費の適正化にもつながります。

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。