ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

〔2〕処理

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月26日更新
 PCB廃棄物は、PCB特措法に基づき、期限までの処理が必要です。
 その種類は大きく分けて、高濃度PCB廃棄物(5000mg/kg超)と低濃度PCB廃棄物に分けられ、それぞれ処理について次のとおり決められています。

 1 高濃度PCB廃棄物(PCB濃度 5000mg/kg超 : 高圧変圧器、高圧コンデンサー、安定器等)

(1) 処理手続きについて                            

1) 処理施設・処分期間等

 福岡県内の高濃度PCB廃棄物は「中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)北九州PCB処理事業所」で原則下記処分期間の末日までに処分委託を行う必要があります。

  

 

廃ポリ塩化ビフェニル等及び廃変圧器等

(大型変圧器・コンデンサ―等)

左記以外の高濃度ポリ塩化ビフェニル廃棄物

(安定器及び汚染物等)

処分期間

平成30年3月31日まで

(特例処分期限日:平成31年3月31日)

平成33年3月31日まで

(特例処分期限日:平成34年3月31日)

 

2) 処理申し込み

「1」 JESCOへの登録(新しいウィンドウで開きます)

 ・ 高濃度PCB廃棄物の処理を委託するには、事前にJESCOへの登録(無料)が必要です。まだ登録していない保管事業者の方は、登録用紙をJESCOのホームページからダウンロードするか、窓口へ問い合わせてください。

「2」 登録後搬入まで

・ JESCOに登録が完了した後、処理時期についての案内があります。

(処理時期については、JESCO北九州PCB処理事業所に相談してください。)

・ JESCOと登録対象物等の処理委託契約を締結し、搬入日が決定。

 

(2) 中小企業者等軽減制度

  中小企業者等の方々が保管するPCB廃棄物の処理費用は、独立行政法人環境再生保全機構が運営するPCB廃棄物処理基金及び国からの国庫補助金による処理料金の軽減制度の適用対象となります。なお、適用を受けるにはJESCOでの申し込みが必要です。

交付対象者

軽減

中小企業者・個人事業主・中小企業団体・常時使用する従業員の数が100人以下の法人

70%

個人

95%

詳細は【JESCO】「中小企業者向けの割引」(新しいウィンドウで開きます)を参照してください。

 

(3) 環境保全施設等整備資金融資制度

   福岡県では、県内の中小企業者又は中小企業団体に対して、PCB廃棄物の処理等に要する資金を融資する制度を設けています。

1) 融資を利用できる方

1 中小企業者又は中小企業団体であること。

(注)  医業を主たる事業とする医療法人、社会福祉法人等についても利用可。

2 県内に工場又は事業所を有し、現に事業を営んでいること。

3 県の事業税を滞納していないこと。

4 暴力団、暴力団員又は暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有しない者。

5 許認可等が必要な業種の方は、その許認可等を取得していること。

6 環境関係法令、福岡県環境保全施設等整備資金融資制度要綱の各規を遵守できる者。

 

2) 融資対象

・ トランス類、コンデンサ類、安定器を含むPCB汚染物等のPCB廃棄物を処理するための費用(運搬費用等含む)

・ PCBを含む機器の処理に伴う買い替え費用

 

3) 融資条件(申込から融資決定までに、1ヶ月~2ヶ月程度を要します)

 融資限度額: 1企業4,000万円以内(千円単位)

 融資期間 : 10年以内(融資額が1,000万円未満の場合は7年以内)            

         返済期間のうち1年以内の据置が可能

融資利率 : 年1.3%

返済方法  : 元金均等月賦償還(千円単位)

信用保証   : 福岡県信用保証協会の審査が必要(信用保証料率は、0.45%~1.9%)

                 (注) ただし、割引料率を適用できる場合があります。

保証人     : 法人は代表者のみ(個人は不要)

担保   : 必要に応じて徴する

 詳しくは「環境保全施設等整備資金融資制度(福岡県環境部循環型社会推進課ホームページ)」(同じウィンドウで開きます)を御覧ください。

 

(4) 日本政策金融公庫の融資(財政投融資)について

 PCB廃棄物処理は、日本政策金融公庫における環境・エネルギー対策資金(国民生活事業、中小企業事業)の融資対象となります(詳細は下記ホームページを参照願います)。

日本政策金融公庫(環境・エネルギー対策資金 PCB廃棄物処分関連)(新しいウィンドウが開きます。)

 2 低濃度PCB廃棄物(上記1以外のPCB廃棄物)

○ 参考資料 : 低濃度PCB廃棄物の処理について [PDFファイル/207KB]

(注)  環境省の通知において、「廃重電機器等(変圧器等の重電機器及びOFケーブル)について、機器毎に測定した当該廃重電機器等に封入された絶縁油中のPCB濃度が処理の目標基準である0.5mg/kg以下であるときは、当該廃重電機器等は、PCB廃棄物に該当しないものである」とされております。

   参考 : 【環境省】重電機器等から微量のPCBが検出された事案について(新しいウィンドウで開きます)

(1) 処理について

【処理期限】 平成39年3月
【処  理  先】 【環境省】廃棄物処理法に基づく無害化処理認定施設(新しいウィンドウで開きます)                                 

 実際の施設稼働状況や処分できる廃棄物の具体的な内容、処分費用などについては、各処理施設に直接お問い合わせください。

(2) 環境保全施設等整備資金融資制度

  上記「1 (3) 環境保全施設等整備資金融資制度」につきましては、平成27年4月1日から低濃度PCB廃棄物も融資対象になりました。

(3) 収集・運搬について

 5,000mg/kg以下の低濃度PCB廃棄物の収集・運搬は、「低濃度PCB廃棄物収集・運搬ガイドライン」に沿って実施してください。
 
 詳しくはこちらを御覧ください。  → [環境省]低濃度PCB廃棄物収集・運搬ガイドライン(新しいウィンドウで開きます)
 

(4) 日本政策金融公庫の融資(財政投融資)について

 PCB廃棄物処理は、日本政策金融公庫における環境・エネルギー対策資金(国民生活事業、中小企業事業)の融資対象となります(詳細は下記ホームページを参照願います)。

日本政策金融公庫(環境・エネルギー対策資金 PCB廃棄物処分関連)(新しいウィンドウが開きます。)

 

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)