ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康・福祉 > 医療 > 医薬品・医療機器 > 麻薬の取扱いについて

麻薬の取扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年11月26日更新

麻薬の取扱いマニュアル

病院等や薬局における麻薬の取扱いについて、平成23年4月15日付けで「病院・診療所における麻薬管理マニュアル」及び「薬局における麻薬管理マニュアル」が改訂されました。

病院・診療所における麻薬管理マニュアル

薬局における麻薬管理マニュアル

麻薬卸売業者における麻薬取扱いの手引き

麻薬研究者にかかる麻薬取扱いの手引き

 

麻薬関係の手続きについて

麻薬関係申請・届出について(各取扱施設共通)

申請・届出の様式は、福岡県庁のホームページからダウンロードできます。
「ふくおか電子申請サービス」のページ中、【手続の検索】欄の【キーワード検索】のボックスに“麻薬”と入力して検索してください。

廃棄・事故等の手続き(病院・診療所・薬局)

麻薬を廃棄する場合は、事前の届出、立会が必要な場合が多いので、十分ご注意下さい。詳しくは下記フローを参照下さい。

 麻薬注射液を破損により流出した場合の処置について(病院・診療所向け)

麻薬小売業者(薬局)間譲渡について

平成19年9月1日から、麻薬の在庫不足のため麻薬処方せんにより調剤することが出来ない場合に限り、当該不足分を近隣の麻薬小売業者(薬局)間で譲渡・譲受することが可能となりました (事前に許可を取得する必要があります) 。申請は、県薬務課へお願いします。

麻薬小売業者間譲渡に関する手続きについて [PDFファイル/207KB]

※平成19年8月13日の厚生労働省医薬食品局監視指導・麻薬対策課長通知については、平成28年2月8日に一部改正されています。

麻酔薬「ケタミン」の取扱い

ケタミンは平成18年3月23日付けで麻薬に指定されており、平成19年1月1日から麻薬としての規制を受けています。

ケタミンの麻薬指定後、不法所持等による逮捕者も出ています。

  • 平成19年1月10日横浜市でケタミンの粉末0.5グラムを所持していた外国人が、神奈川県警に逮捕された。
  • 同年1月22日東京都でケタミンの粉末0.2グラムを所持していた少年が、警視庁に逮捕された。
  • 平成21年12月10日神奈川県内等でケタミンを使用、所持していたとして、女性歌手が神奈川県警に逮捕された。
  • 平成22年8月16日神戸市内でケタミンなどを所持していた大学生など男女5人が、兵庫県警に逮捕された。

麻酔薬「ケタミン」の麻薬指定について (講習会用パワーポイント資料)

ケタミンQ&A(平成18年8月版)

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)