ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

電気工事士免状について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年3月9日更新

電気工事士試験

第一種電気工事士試験または第二種電気工事士試験に合格して、第一種または第二種の電気工事士免状の交付を受けると、電気(一般用電気工作物及び自家用電気工作物)の工事に従事することができます。

第一種電気工事士試験

筆記試験が10月上旬に、技能試験が12月上旬に実施されます。
試験の願書受付は、7月上旬から下旬までです。

第二種電気工事士試験

試験は、 上期、下期のどちらかを選択できます。

  (上期) 筆記試験:6月上旬   技能試験:7月下旬 に実施されます。

  (下期) 筆記試験:10月上旬  技能試験:12月上旬 に実施されます。

試験の願書受付は、上期が3月中旬から4月上旬まで、下期が6月中旬から7月上旬までです。

注)上期試験、下期試験の両方を受験することはできません。

試験の問い合わせ

試験に関する問い合わせは、一般財団法人 電気技術者試験センター(新しいウィンドウで開きます) にお願いします。
Tel 03-3552-7651  Fax 03-3552-7838   

第一種電気工事士免状、第二種電気工事士免状の交付申請について

免状の申請に必要となる書類等の一式です。詳しくは、下欄より該当資料をダウンロードしてください。

申請は、郵便(簡易書留等)でできますので、申請案内をよくお読みください。

申請にあたって返信用封筒及び切手は不要です。

  • 免状交付申請書
  • 電気工事士試験合格通知書(原本のはがき、もしくは試験センター発行の合格証明書)
  • 住民票(申請者本人のみの記載で良い。本籍地の記載不要。申請前3ヶ月以内のもの)
  • 写真2枚 (横3cm×縦4cm)
  • 手数料(福岡県領収証紙) 1種:5,900円、2種:5,200円
  • 宛先表 (当課から免状を郵送する際の宛先となります。)
  • 実務経験証明書(第一種電気工事士のみ、実務経験原則5年)

電気工事士免状の再交付申請について

免状の再交付申請に必要となる書類等の一式です。詳しくは、下欄より該当資料をダウンロードしてください。

申請は、郵便(簡易書留等)でできますので、申請案内をよくお読みください。

申請にあたって返信用封筒及び切手は不要です。

  • 免状再交付申請書
  • 写真2枚 (横3cm×縦4cm)
  • 手数料(福岡県領収証紙) 2,600円
  • 宛先表 (当課から免状を郵送する際の宛先となります。)
  • 免状の原本(免状を汚した、または損じた場合。)

電気工事士免状の問合せ

免状に関する問い合わせは、福岡県商工部工業保安課高圧ガス電気係にお願いします。

電話番号 092-643-3439(直通)

ダウンロード

福岡県領収証紙の購入方法

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)