ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

芦屋の里浜づくり

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月17日更新

「芦屋の里浜づくり」とは

 芦屋港の建設以降、港の西側部分に広大な砂浜が広がりはじめ、以前は歩いてすぐにたどりつくことができた水際までの距離が100メートルを超えるところも見られ、堆積した砂が背後地へ飛ぶ飛砂被害が発生しています。
 「里浜づくり」とは、地域の人々が、浜辺と自分たちの地域のかかわりがどうあるべきかを議論し、海辺を地域の共有空間(コモンズ)として意識しながら、長い時間をかけて、地域の人々と海辺との固有のつながりを培い、育て、つくりだしていく運動や様々な取り組みのことです。
 私たちは、かつての風光明媚な海岸であった芦屋海岸を思い出し、この砂浜に松を造林して、緑と水に触れ合う憩の空間を造り育てる取り組みを行っています。
松林の将来のイメージ図

「芦屋の里浜づくり」の取り組み

 松林が芦屋の地域住民の財産となって、子や孫の代まで親しみを持って永く造り育ててもらえるように、計画段階から住民の皆さんの意見を取り入れながら、「里浜づくり」を進めております。
 平成18から19年度にかけて、全6回のワークショップを開催し、地域住民の皆さんにご参加頂いて、「里浜全体像」(上の将来イメージ)を創りあげました。

 その後、平成20年からは、地域住民代表・PTA・地域の団体などを構成メンバーとする、実行委員会を現在まで7回開催して、住民と行政が共同して、長期的に「育て」、「守り」、「活用」する方策を検討してきました。

 平成26年10月より、本格的に工事に着手して、クロマツ育成の環境整備を行っており、これまでに3回の植樹を現地にて開催しています。
 これからも、あたたかく見守って下さい。
 

 平成29年3月11日に開催した第3回植樹のレポートは、「芦屋海岸でマツの植樹を実施しました」のページをご覧ください。

広報紙 「芦屋の里浜(さとはま)だより」

 芦屋の里浜づくりでは、広報紙を創刊いたしました。
 これまでの経緯やこれからの活動内容を掲載しております。
 ご覧ください。

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。