ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 自然環境 > 自然・生物多様性 > 福岡県内で確認された特定外来生物

福岡県内で確認された特定外来生物

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月28日更新

外来生物法により政令で指定されている特定外来生物は、現在132種類(2科、15属、108種、7交雑種)ですが、そのうち県内でこれまでに生息が確認されたことがあるものは以下のとおりです。

過去に一度でも生きた状態で確認されたものを掲載していますが、現在、これらが定着しているとは限りません。

 

 

県内で確認情報のある特定外来生物(全19種類(20種):平成28年10月1日現在)

 

 

分類種類
哺乳類アライグマ
鳥類ガビチョウ、ソウシチョウ
爬虫類カミツキガメ
両生類ウシガエル
魚類オオクチバス(ブラックバス)、ブルーギル、カダヤシ
クモ・サソリ類ゴケグモ属(セアカゴケグモ、ハイイロゴケグモ)
昆虫類アカカミアリ、ツマアカスズメバチ
植物オオキンケイギク、ミズヒマワリ、ナガエツルノゲイトウ、ブラジルチドメグサ、アレチウリ、オオフサモ、ボタンウキクサ、ナルトサワギク

 アライグマカミツキガメブラジルチドメグサオオクチバス

  • 特定外来生物の詳細については、環境省の外来生物法ホームページを参照ください。

    外来生物法ホームページ(新しいウィンドウで開きます)

  • 特定外来生物一覧

    外生物法ホームページ内「特定外来生物等一覧」(新しいウィンドウで開きます)

  •  特定外来生物同定マニュアル

     発見した生物が特定外来生物かどうかを判別するためには、外来生物の写真や特徴などを記載した特定外来生物同定マニュアルを参照ください。

     外来生物法ホームページ内「特定外来生物同定マニュアル」(新しいウィンドウで開きます)

その他お知らせ

 福岡県では、生物多様性に関する情報を幅広く発信するため、フェイスブックページ「福岡県生物多様性Web情報サイト」を開設していますので、是非ご覧ください。

 また、フェイスブックのアカウントをお持ちの方は、本サイトに「いいね」をしていただけると、発信された情報を受け取ることができます。

「福岡県生物多様性Web情報サイト」イメージ「福岡県生物多様性Web情報サイト」イメージ          

「福岡県生物多様性Web情報サイト」QRコード「福岡県生物多様性Web情報サイト」QRコード

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。