ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 健康・福祉 > 高齢者福祉 > 認知症 > 若年性認知症相談窓口の設置について(平成28年6月28日開設)

若年性認知症相談窓口の設置について(平成28年6月28日開設)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月24日更新

「若年性認知症」とは?

65歳未満で認知症を発症した場合を「若年性認知症」といいます。

現役世代で認知症を発症した場合、老年期の認知症に比べ、更年期障害やうつ病等、他の病気と思い込み、診断までに時間がかかってしまうことも少なくありません。また、現役世代だからこそ直面する課題も多くあります。

若年性認知症支援コーディネーターにご相談ください!

福岡県では、若年性認知症支援コーディネーターを配置し、若年性認知症の人やその家族等からの医療・福祉・就労等の相談に応じています。

お気軽にご相談ください。

(1)相談日時

火曜から土曜 10時00分から16時00分(お盆、年末年始を除く)

(2)相談員

若年性認知症支援コーディネーター(保有する資格:介護支援専門員、介護福祉士)

(3)電話番号

092-574-0196

(4)相談場所

クローバープラザ 相談室(福岡県春日市原町3丁目1番7号)

(注) 面談には予約が必要です。面談を希望する場合は、事前に電話にてご連絡ください。

 

若年性認知症相談窓口チラシ [PDFファイル/591KB]

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)