ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 税金 > 県税に関するお知らせ(トピックス) > 自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)について

自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月5日更新

ワンストップサービス(OSS)の概要

 自動車を保有するためには、多くの手続と税・手数料の納付が必要となります。

 これらの手続や納付を各行政機関へ出向くことなく、インターネット上で一括して行うことを可能にしたのが、「自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)」です。

 福岡県では、平成30年2月5日からOSSの取扱いを開始しました

 「自動車保有関係手続のワンストップサービス(OSS)の詳しい内容や利用方法については、次のサイトをご覧ください。

ワンストップサービス(OSS)の対象手続

  • 警察署で行う「自動車保管場所証明の申請」

  • 運輸支局で行う「自動車の検査・登録の申請」

  • 県税事務所で行う「自動車税、自動車取得税の申告・納付」

ワンストップサービス(OSS)の対象車両

 ワンストップサービス(OSS)を利用できる車両には条件があります。

 詳しくは、次のサイトをご確認ください。

 なお、課税免除や減免の対象となる車両及びバス(一般乗合用(通学・通園用を含む))については、ワンストップサービス(OSS)の対象外となりますので、従来どおり窓口での手続をお願いします。

利用できる金融機関

 自動車保有関係手続きのワンストップサービス(OSS)を利用して自動車税および自動車取得税の申告手続きをした場合は、マルチペイメントネットワークに対応したインターネットバンキングで納付を行うことができます。

 

 利用できる金融機関(平成30年2月5日現在)

銀行

福岡銀行 

筑邦銀行 西日本シティ銀行 福岡中央銀行 北九州銀行

みずほ銀行  三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行

りそな銀行

佐賀銀行   佐賀共栄銀行

十八銀行  親和銀行 

肥後銀行  熊本銀行 

豊和銀行 

宮崎銀行  宮崎太陽銀行 

鹿児島銀行 南日本銀行

広島銀行  もみじ銀行 

百十四銀行 伊予銀行  

東京スター銀行

 

信用金庫

福岡信用金庫 福岡ひびき信用金庫 大牟田柳川信用金庫 

筑後信用金庫 飯塚信用金庫 大川信用金庫 遠賀信用金庫 

労働金庫

九州労働金庫

 

利用上の注意

 ワンストップサービス(OSS)を利用してマルチペイメントネットワークにより納付された場合は、県から領収証書が発行されませんので、お支払い内容は、通帳や取引明細にてご確認ください。

制度内容(広報チラシ)

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。

(添付ファイルがある場合、閲覧ソフトの入手方法はこちらをご覧ください)