ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 人権啓発 > 人権啓発 > ハンセン病を正しく理解しよう

ハンセン病を正しく理解しよう

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月27日更新

ハンセン病を正しく理解しよう

 ハンセン病は、「らい菌」に感染することで起こる病気ですが、感染力が極めて弱く、たとえ感染しても発病することはほぼありません。また、現在では、適切な治療によって治すことのできる病気となっています。

 しかし、昭和6年(1931年)に制定された「らい予防法」により、すべてのハンセン病患者さんを強制的に療養所に収容する政策がとられたため、ハンセン病に対する誤った認識が定着し、病気が完治した今も、差別や偏見を恐れ、社会復帰ができずにいる元患者さん、ご家族がたくさんいらっしゃいます。

 

 ハンセン病について正しい知識と理解を持つことが、偏見や差別をなくす第一歩です。回復者の皆さんとご家族が安心して暮らせる社会を実現するため、ハンセン病を正しく理解しましょう。

「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」式典について

 6月22日は「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」です。

 厚生労働省は、平成21年度から「らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」の式典を毎年開催しています。本年においても、下記のとおり追悼、慰霊及び名誉回復の行事が実施されます。なお、当該式典の模様は、インターネットを利用し、ライブ放送される予定です。

 

日時  令和元年6月21日金曜日 11時から12時20分
場所  厚生労働省正面玄関前及び講堂(中央合同庁舎第5号館)
 

「厚生労働省 らい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日」式典について(新しいウィンドウで開きます)

関連情報

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。