ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > くらし・環境 > 自然環境 > 鳥獣保護 > 住宅地に出没するサルについて

住宅地に出没するサルについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月31日更新

住宅地に出没するサルについて

 住宅街に出没する「ハナレザル」について

ニホンザルは、本来、群れて生活します。
しかし、雄は、大きくなると違う群れに移る習性があることから、群れに移ろうとして迷った「ハナレザル」が住宅街に出没する場合があります。

このようなサルを見かけた場合は、次のことを守ってください。

エサをやらない!食べものは見せない!

餌付けをすると人間を怖がらなくなり、人間をエサの供給源としてみなすようになります。

そのようになったサルは大変危険です。エサを貰おうと、レジ袋や鞄など人の荷物を奪う、人に噛みつくなど、狂暴な振る舞いをするようになります。

積極的なエサやりに限らず、ノラ猫などへのエサ・収獲しない果樹の放置など、消極的な餌付けも同じ結果をもたらします。

餌付けをされたサルは、野生に戻らず、サルの繁殖の原因ともなります。

 繁殖によって、更に、農作物への被害や家に侵入するなどの被害が頻繁に発生します。

サルに近づかない!

野生のサルは、ペットではありません。むやみに近づくと襲われることもあります。
特に幼児などには危険です。

サルの目を見つめない!

目を見つめるとサルは威嚇されたと思い、人が目をそらしたときに襲われることがあります。
目を合わせないようにしましょう。

サルをからかわない!

サルをからかうことはやめましょう。 思わぬ行動に出て、事故になるときもあります。

大声を出さない!

大声を出すことは、サルを興奮させることになりますので、やめましょう。

この情報に関連する情報

ホームページリニューアルに関するアンケートにご協力ください。

 現在福岡県では公式ホームページのリニューアルを検討しています。

 リニューアルに際し、よりよいホームページにするため、アンケートにご協力ください。


 ホームページリニューアルに関するアンケートに回答する(新しいウインドウで開きます)


皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。

  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。