ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

県のすがた(地勢、位置、面積、気候)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月1日更新

地勢

 福岡県の北部には、玄界灘、響灘、周防灘が、西南部には有明海が広がっています。

 三郡山地、背振山地、筑肥山地、耳納山地などの山地や、筑後川、遠賀川、矢部川などの川があります。

 川沿いには平野が広がり自然に恵まれています。 (出典:平成28年度 県政概要


県の地勢図

位置

 九州の北に位置する本県は、九州と本州を結ぶ交通の要衝を占めています。

 福岡、東京間880キロメートルに対して、福岡、上海間は890キロメートルとほぼ同距離にあり、福岡、ソウル間は540キロメートルと、朝鮮半島や中国大陸に極めて近い位置にあります。

 (注)距離はOAG Flight Guide による。

  • 極東(築上郡上毛町大字上唐原) 東経131゜11'25"
  • 極西(糸島市志摩大字烏帽子島) 東経129゜58'54"
  • 極南(大牟田市四山町) 北緯 33゜00'02"
  • 極北(宗像市大島字沖ノ島) 北緯 34゜15'00" (出典:平成28年度 県政概要

 位置図

面積

  福岡県の面積は、約4,986平方キロメートルで、全国29位の大きさです。全国の総面積の1.3%、九州の11.8%を占めています。県土は、比較的地形がなだらかで、全国と比較して農用地や宅地などの可住地面積が広く、森林が少ないという特徴があります。 (出典:平成28年度 県政概要

気候

 日本海側に位置する福岡、北九州地方は冬季は北西の季節風が吹きつける日本海型気候区の特徴が見られますが、年間を通してみると気候は温暖です。

 周囲を山に囲まれた筑豊地域と筑後地域は、最高気温が高く、最低気温が低い内陸型気候の特徴を示しています。降水量は年間概ね1,700mmを超え、県境の山地では2,500mmを超えるところもあります。(出典:平成28年度 県政概要

降水量のグラフ
(資料:気象庁ホームページ/観測:福岡管区気象台)

  • 年平均気温 18.1℃
  • 最高気温 37.0℃
  • 最低気温 -4.0℃
  • 年平均湿度 73%
  • 年間日照時間 1,831.5時間 
  • 年間降水量 2,420.5mm (出典:平成28年版 福岡県勢要覧

福岡県の概要へ戻る