ページの先頭です。 ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 県政基本情報 > 入札・公共工事 > 入札関係要領等 > 電子調達システム利用にあたってのご注意

電子調達システム利用にあたってのご注意

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月14日更新

JRE8.0を利用される場合のご注意

セキュリティ警告について

 電子入札システムを利用される際に、下図のようなメッセージが出ます。その場合は、以下のように操作してください。

Java Updateが必要

 Java Updateが必要

 これは、JREのアップデートを促す画面です。この画面が表示された場合は、以下のように操作してください。

  1. 「次の更新が利用可能になるまでメッセージを表示しません。」にチェックを入れる
  2. 「後で」をクリック

 2回目以降、この画面は一定期間表示されません。再度表示された場合は同様に操作してください。

セキュリティ警告1

セキュリティ警告

 この画面が表示された場合は、以下のように操作してください。

  1. 「リスクを受け入れて、このアプリケーションを実行します。」にチェックを入れる
  2. 「実行」をクリック

 この画面は毎回表示されます。

セキュリティ警告2

セキュリティ警告

 この画面が表示された場合は、「ブロックしない」をクリックしてください。

 この画面は毎回表示されます。

セキュリティ警告3

セキュリティ警告

 この画面が表示された場合は、「実行」をクリックしてください。

 この画面は毎回表示されます。

セキュリティ警告4

セキュリティ警告

 この画面が表示された場合は、「実行」をクリックしてください。

 この画面は毎回表示されます。

Javaがブロックされる場合

 ブロックされたJavaアプリケーション

 Javaの「例外サイト・リスト」の設定が正しくない場合、上記のような画面が表示され、Javaがブロックされます。設定方法等についてはご利用の各認証局へお問い合わせください

 なお、以下の手順で「例外サイト・リスト」の設定内容を確認できます。

「例外サイト・リスト」の設定内容確認方法

1 コントロールパネルを開き、「Java(32ビット)」をクリックします

コントロールパネル

※表示方法は「大きいアイコン」を選択しています

2 セキュリティタブを選択し、「サイト・リストの編集」をクリックします

Javaコントロールパネル

3 「例外サイト・リスト」の設定内容が確認できます

例外サイト・リスト

  • 上図のように例外サイトとして「https://www.choutatsu-nyusatsu.pref.fukuoka.lg.jp/CALS/」が含まれていることを確認してください
  • 「file:/~」で始まる設定は各認証局により異なります
  • 設定内容、設定方法に関してはご利用の各認証局へお問い合わせください

JRE7.0を利用される場合のご注意

JRE7.0 Update45を利用される場合のご注意

 電子入札システムを利用される際に、下図のようなメッセージが出ます。その場合は、以下のように操作してください。

Java Updateが必要

「後で」をクリック

 これはJREのアップデートを促す画面です。この画面が表示された場合は、以下のように操作してください。

  1. 「次の更新が利用可能になるまでメッセージを表示しません」にチェックを入れる
  2. 「後で」をクリック

 2回目以降、この画面は一定期間表示されません。再度表示された場合は同様に操作してください。

セキュリティ警告1

リスクを受け入れて実行

 この画面が表示された場合は、以下のように操作してください。

  1. 「リスクを受け入れて、このアプリケーションを実行します。」にチェックを入れる
  2. 「実行」をクリック

 この画面は毎回表示されます。

セキュリティ警告2

ブロックしない

 この警告画面が表示された場合は、「ブロックしない」をクリックしてください。

 この画面は毎回表示されます。

セキュリティ警告3

リスクを受け入れて実行

JRE7.0 Update15を利用される場合のご注意

 JRE7.0Update15をインストールまたはJavaのキャッシュをクリアした後、初めて電子入札システムを利用される際に、下図のようなメッセージが出る場合があります。その場合は、以下のように操作してください。

Java Update Needed(JREのアップデートに関する警告)

 JREのアップデートに関する警告

これはJREのアップデートを促す画面です。この画面が表示された場合は、以下のように操作してください。

  1. 「Do not ask again until the next update is available.」にチェックを入れる
  2. 「Later」をクリック

 2回目以降、この画面は一定期間表示されません。再度表示された場合は同様に操作してください。Javaセキュリティ警告

 Javaセキュリティ警告

この画面が表示された場合は、以下のように操作してください。

  1. 「リスクを受け入れて、このアプリケーションを実行します。」にチェックを入れる
  2. 「このアプリケーションでは次回から表示しない」にチェックを入れる
  3. 「実行」をクリック

2回目以降、この画面は表示されません。

セキュリティ警告

 セキュリティ警告画面

 セキュリティ警告画面

この画面が表示された場合は、以下のように操作してください。

  1. 「オプションの表示」をクリック
  2. 「リスクを受け入れて、このアプリケーションを実行します。」にチェックを入れる
  3. 「この発行者からのコンテンツを常に信頼」にチェックを入れる
  4. 「実行」をクリック

2回目以降、この画面は表示されません。

警告 セキュリティ

  Javaが、セキュリティ問題の発生が考えられるアプリケーション・コンポーネントを発見しました。

この画面が表示されたら、「いいえ」をクリックしてください。
この画面はセキュリティの設定により毎回表示される場合があります。

JRE6.0を利用される場合のご注意

 JRE6.0インストールまたはJavaのキャッシュをクリアした後、初めて電子入札システムを利用される際に、下図のようなメッセージが出た場合は、「この発行者からのコンテンツを常に信頼します。」にチェックし、実行ボタンを押してください。

JRE1.6のセキュリティ警告画面  

PDF形式ファイルの閲覧について

設計図書等の配布の際、PDF形式のファイルで配布する機会が多いのですが、閲覧ソフトであるAdobe Reader( アドビシステムズ 提供)のバージョンが古い(Ver7以前)と、発注機関から配布されたファイルが正常に表示できない場合があります。各自アドビシステムズのホームページから、 新しいバージョン のものを入手し、インストールしていただくようお願いいたします。
 なお、ダウンロードの際に、「Googleツールバー」を同時にインストールするよう案内が出ますが、電子入札システムが正常に動作しなくなるため、決して「Googleツールバー」をインストールされないよう ご注意ください。

Googleツールバーインストール画面 チェックを必ず外してください。

代表者が替わった場合の電子証明書(以下ICカード)の取り扱いについて

 電子入札の利用者登録にあたり、『ICカードに記載(格納)されている代表者名』と『競争入札参加資格者名簿(以下名簿)に記載されている代表者氏名』は一致している必要があります。代表者に変更が生じた場合は、名簿の変更手続きを行うとともに、新しい代表者名のICカードを取得の上、電子入札の利用者登録を行う必要があります。
 新しいICカードを取得されてから、「電子入札システム」-「利用者登録」-「利用者登録処理」-「登録」から登録をお願いいたします。
 なお、名簿の変更手続きは、入札システムからは行えません。詳しくは、建築指導課(物品については総務事務センター)へお尋ねください。

「お気に入り」と「ショートカット」について

 電子調達システムを利用される際は、必ずホームページ上のリンクから使用されるようお願いいたします。
 InternetExplorerのお気に入りや、デスクトップ上に作成したショートカットから直接、電子調達システムを起動された場合、誤動作の原因となる場合があります。(詳しくはFAQをご覧ください)また、ご利用の際にお知らせをご確認頂くためにも、「福岡県電子調達(電子入札)」から各システムをご利用頂くようお願いいたします。

事前準備・操作等に関するお問い合わせ先

統合ヘルプデスクへお問い合せください。
   Tel: 092-631-1056
   電子メール: ken_help@elf.coara.or.jp
   受付時間:開庁日の8時30分から18時00分まで