ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > しごと・産業 > 労働者保護 > 労使紛争の解決 > あっせん、調停、仲裁の申請

あっせん、調停、仲裁の申請

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月19日更新

調整

1 労働争議の調整  2 あっせん、調停、仲裁の申請  3 公益事業の争議予告

2 あっせん、調停、仲裁の申請

(1)申請書の提出

 

 労働委員会へ労働争議のあっせん、調停、仲裁を申請するには、労働委員会事務局備付けの申請書に必要事項を記入の上、提出してください。

 提出に当たっては、紛争内容の経過等を詳細にお尋ねする必要がありますので、直接、当労働委員会まで持参してください。申請手数料等は一切不要です。

 申請書は、以下の方法でダウンロードできます。また、PDF及び一太郎版については、県の「申請書ダウンロードサービス」(新しいウィンドウで開きます)からダウンロードできます。

 なお、 記入の際は、申請書記載要領(調整)を参照してください。  

※ ダウンロードの方法

(1) ダウンロードしたいファイル名にマウスのポインタをあわせて右クリックする。

(2) 出てきたメニューのうち、「対象をファイルに保存(A)」を選んで左クリックする。

(3) ファイルの保存先を自分で選択する。分からない場合は「デスクトップ」にする。

以上の作業で、希望するソフトの申請書ファイルが利用者のパソコンにダウンロードされます。

(2) 申請書記載要領

注:以下の括弧内の番号は、記入例の丸で囲んだ番号に対応しています。

枠外:申請書の上部

(1) あっせん・調停・仲裁のうち、該当するものを〇(まる)で囲んでください。    
(2) 申請日を記入してください。実際に労働委員会に提出(持参)する日になります。    
(3) あっせん・調停・仲裁のうち、該当するものを〇(まる)で囲んでください。    
(4)
ア【組合申請の場合】
 主たる事務所の所在地、郵便番号、電話番号、名称及び代表者(役職・氏名)を記入し押印してください。(※代表者が直接申請する場合は署名でも可)。    
イ【使用者(会社)申請の場合】
 申請事項について交渉権限や決定権限のある本社又は主たる事務所の所在地、郵便番号、電話番号、社名及び代表者(役職・氏名)を記入し、申請者又は代表者の印を押印してください。(※代表者が直接申請する場合は署名のみでも可)    
ウ【関係当事者が連名で申請する場合】
 上記ア及びイに準じて記入、押印してください。

枠内:上段及び申請書の左側、被申請者等

(5) 労使間で主張が不一致になっている事項で、労働委員会にあっせん等を求める事項を簡潔に記入してください。(例:誠実団交開催、夏季一時金、解雇撤回)    
(6) (4)の記載方法に準じて記載してください。    
(7) 申請する労働争議について影響のある工場、事業所を記入してください。   
(8) 主な事業を具体的に記入してください。    
(9) 申請事項に関して争議行為が行われている場合は、有に〇をつけてください。

枠内:申請書の右側、参考事項

(10) 役員を除く従業員数を記入してください。    
(11) 分かる範囲で記入し、分からなければ記入しなくても結構です。    
(12) 申請日時点の全組合員数を記入し、( )(括弧)内には当該事業所に勤務する組合員数を記入してください。(組合が当該事業所のみ場合は( )(括弧)内は記入不要です。)    
(13) 組合の結成年月を記入してください。(事業所の組合が分会組織の場合は本部の結成年月)    
(14) 所属する直接の上部組合を記入してください。(事業所の組合が分会組織の場合は本部が所属する上部組合)    
(15) 組合が加盟している系統を記入してください(例:連合、全労連、全労協、その他)    
(16) 事業所内に他の組合があるときは、その組合の名称、組合員数を記入してください。    
(17) 労使間で労働協約を締結している場合は、「有」に〇(まる)をつけてください。(協約は部分的なものでもよいが、労基法に基づく内容のみを協定している場合には「無」に〇(まる)をつけてください。)    
(18) 労働協約に労働委員会へのあっせん・調停等の申請を定めた条項がある場合には、「有」に〇(まる)をつけてください。その申請が義務付けられている場合には「義務」に、義務ではない場合には「任意」に〇(まる)をつけてください。(当該条項の記入又はその部分の写しを添付してください。)    
(19) 労働協約に「あっせん・調停等の手続を行っている間は争議行為を行うことができない」等の定めがある場合は、「有」に〇(まる)をつけてください。(写しを添付して頂く場合もあります。)    
(20)
 ア 左欄に月日を、右欄に事実経過(要求書・回答書提出や、団体交渉・スト等)を簡潔に記入してください。(労使主張の対立点が分かるよう記入してください。)    
イ 当事者間で交わした文書など経緯の参考となる資料があれば、写しを添付してください。
    
     ※申請のため来局されるときは、申請者の印鑑を持参してください。

(3) 記入例

申請書記載例

皆様のご意見をお聞かせください。

この欄についての説明はこちら

質問:お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
 
質問:このページの情報は見つけやすかったですか?
 

 このページについてご要望がありましたら、下の投稿欄に入力してください。
 【注意】
  • 個人情報を含む内容は記入しないでください。
  • お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
  • いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
  • ホームページ全体に関するお問い合わせは、 まで、お問い合わせください。