本文へ移動
     

若手職員の1日

WORK&LIFE

トップページ > 若手職員の1日

若手職員の
タイムテーブル

さまざまな職種がある県職員は時間の使い方も人それぞれ。
2人の若手職員のとある1日に迫ります。

今井 健太
CASE01

今井 健太 入庁3年目

総務部 財政課

担当業務は環境部の予算査定。効果・効率性・緊急性といった観点から、県が行うべき施策かどうか判断材料を集め、財政面から事業を説明する役割を担っています。

8:30 メールおよびスケジュールを確認。予算編成の時期(12月~1月)は特に打ち合わせの頻度が増えます。
9:00 環境部と予算要求内容について協議。意見を出し合い査定案を作成します。また、参考資料の追加も依頼します。
13:00 午前中依頼していた資料を受け取り、内容を確認。参考資料には予算要求内容を補足する統計資料や国からの通知などがあります。
14:00 環境部と作った査定案と資料を持って、総務部長室にて総務部長から査定をうけます。緊張の瞬間です。
16:00 総務部長査定後、結果を環境部に説明。さらに説明が必要な部分については資料の修正や追加を依頼します。
仕事中の写真 仕事中の写真_sp
退庁後の過ごし方 最近は新型コロナウイルス感染症の影響であまり行けていませんが、同期や同僚と食事に行って気分転換しています。また、メンバーが集まればフットサルも。
休日は趣味のキャンプを楽しんでいます。
岡本 耀司
CASE01

岡本 耀司 入庁5年目

粕屋保健福祉事務所

ケースワーカーとして、生活保護受給者の方が自立した生活を送るための援助や、新規申請者の方に対する調査、それに付随する事務処理などを行います。

8:30 受け付けている申請書類の量などから1日の業務配分を決定。訪問予定の被保護者についての記録なども確認します。
9:00 被保護者宅や申請者宅を訪問。相手が心を開いてくれたり、自立へのきっかけを掴めたりしたときにはやりがいを感じます。
13:00 病院のソーシャルワーカーや役場の職員、就労支援の相談員などと打ち合わせ。被保護者の自立に向けて協働します。
14:00 申請や打ち合わせ、面接などで判明した事実をもとに保護費を算出。次回支給日までに額の増減を計算します。
16:00 他機関への調査依頼、面接・打ち合わせの記録などの書類を作成します。
仕事中の写真02 仕事中の写真02_sp
退庁後の過ごし方 平日は掃除洗濯などの家事が主です。余裕があれば読書、アニメ鑑賞、ゲームなども。
休日は友人とよく登山に行き、リフレッシュしています。
TOP