本文へ移動
     

プロジェクト紹介

WORK&LIFE

トップページ > プロジェクト紹介

福岡県を動かす
チャレンジャーたち

さらなる前進・発展を目指し、数々の事業を展開する福岡県。
プロジェクトの最前線で活躍する職員に注目しました。

吉村学農林水産部園芸振興課 吉村学農林水産部園芸振興課_sp
PROJECT01

生産者・販売者と一丸で、美味しい果物を食卓に。

県育成果樹生産拡大・販売力強化事業

県で育成した優れた品質の果樹品種の生産拡大、ブランド化による高単価販売の実現により、果樹農家の経営力を向上させるプロジェクト。令和2年度から、なしの新品種「玉水(ぎょくすい)」の生産拡大と、みかん「早味かん」、かき「秋王」、キウイフルーツ「甘うぃ」などの県育成果樹の販売力強化を中心に取り組んでいます。

果樹生産拡大・販売力強化のため、関係機関、団体に働きかけ。

新品種の生産拡大と、県産果物の販売力強化を担当しています。県がいくら優れた品種を開発しても生産関係者をはじめ、市場関係者や販売関係者の支持なしには、食卓へ届けられません。生産関係者には新品種の生産に向けた研修会、主要都市の市場関係者には売れる果物づくりに関する情報収集のための試食会を実施。「生産量の確保」「美味しい」「売れる」を目標に一致団結し、福岡県の果物づくりを盛り上げています。

PROJECT01画像01 PROJECT01画像02
山田 賢_sp
PROJECT02

保育士と働く親が安心できる福岡県へ。

保育士が働き続けられる職場環境構築事業

働き方改革やICTの活用により、保育士の現場の業務負担軽減を図るプロジェクト。保育士が意欲的に働ける環境づくりを推し進めます。また、職場環境改善のためのワークショップやコンサルティング、成功事例や体験談を紹介するセミナーを開催しています。

保育士の負担軽減に全力。

事業の企画立案や委託事業者との打ち合わせ、進捗確認などの事務全般を担当。働く女性は増えており、保育士の確保は県にとって喫緊の課題です。県内保育施設の職場実態調査から見えてきた保育士の負担を軽減するため、保育施設のICT化を進めています。取り組みは道半ばですが、県内の成功例を増やして広め、保育士が働き続けられる福岡県に変えていきます。

PROJECT02画像01 PROJECT02画像02
山田 賢
TOP