ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Top > メニュー > 生活情報 > 新型(しんがた)コロナウィルス(人(ひと)から 人(ひと)に うつる 病気(びょうき))に 関係(かんけい)する ワクチン(薬(くすり)) 接種(せっしゅ)についての 情報(じょうほう)

本文

新型(しんがた)コロナウィルス(人(ひと)から 人(ひと)に うつる 病気(びょうき))に 関係(かんけい)する ワクチン(薬(くすり)) 接種(せっしゅ)についての 情報(じょうほう)

日(ひ)にち:2021年3月1日更新 印刷(いんさつ)

1.目的(もくてき)

 新型(しんがた)コロナウィルス(人(ひと)から 人(ひと)に うつる 病気(びょうき))による 死(し)ぬ 人(ひと)や重(おも)い 病気(びょうき)の 人(ひと)の 発生(はっせい)を できるだけ少(すく)なくし、結果(けっか)として コロナウイルス感染症(かんせんしょう)の 蔓延(まんえん)の 防止(ぼうし)を 行(おこ)なうためにしています。

2.接種(せっしゅ)が 受(う)けられる 時期(じき)

 接種(せっしゅ)を 行(おこな)う 期間(きかん)は、2021年(ねん)2月(がつ)17日(にち)から 2022年(ねん)2月(がつ)末(まつ)までの 予定(よてい)です。
 はじめは、病院(びょういん)で 働(はたら)く 人(ひと)等(とう)への 接種(せっしゅ)が 順番(じゅんばん)に 行(おこな)われます。その後(ご)、年(とし)を とった 人(ひと)、他(ほか)の 病気(びょうき)を 持(も)つ方(かた)等(とう)の 順(じゅん)に 接種(せっしゅ)を すすめていくと 思(おも)います。
 なお、年(とし)をとった 人(ひと)への 接種(せっしゅ)は、一部(いちぶ)の 市町村(しちょうそん)で4月(がつ)12日(にち)に 開始(かいし)(はじめる)されると 思(おも)います。はじめは 行(おこ)なう 市町村(しちょうそん)や 接種(せっしゅ)する人(ひと)の数(かず)が かぎられています。順番(じゅんばん)に拡大(かくだい)される 予定(よてい)です。

3.接種(せっしゅ)対象(たいしょう)と なる人(ひと)と 優先(ゆうせん)接種(せっしゅ)順位(じゅんい)

 接種(せっしゅ)は以下(いか)のような 順(じゅん)で 予定(よてい)されています。
(1)病院(びょういん)で 働(はたら)く 人(ひと)等(とう)
(2)年(とし)を とった 人(ひと)の(2021年度(ねんど)中(ちゅう)に65歳(さい)に 達(たっ)する、昭和32年(しょうわさんじゅうにねん)4月(がつ)1日(いちにち)以前(いぜん)に生(う)まれた方(かた))
(3)年(とし)を とった 人(ひと)の以外(いがい)で他(ほか)の 病気(びょうき)を 持(も)つ方(かた)や 年(とし)を とった 人(ひと)の 施設(しせつ)等(とう)で 従事(じゅうじ)されている方(かた)
(4)(1)~(3)以外(いがい)の方(かた)

4.接種(せっしゅ)回数(かいすう)と 接種(せっしゅ)の 間隔(かんかく)

 2回(かい)の 接種(せっしゅ)が 必要(ひつよう)です。
 ファイザー社(しゃ)の ワクチンでは、ふつう、1回(かい)目(め)の 接種(せっしゅ)から3週間(しゅうかん)後(ご)に2回(かい)目(め)の 接種(せっしゅ)を 受(う)けます。
 1回(かい)目(め)から3週間(しゅうかん)を超(こ)えたときには、できるだけ 早(はや)く2回(かい)目(め)の 接種(せっしゅ)を 受(う)けて ください。

5.接種(せっしゅ)を 受(う)ける際(さい)の 同意(どうい)の 取得(しゅとく)

 新型(しんがた)コロナワクチン(薬(くすり))の 注射(ちゅうしゃ)は、強制(きょうせい)では ありません。しっかり 情報(じょうほう)提供(ていきょう)を したうえで、接種(せっしゅ)を 受(う)ける方(かた)の 同意(どうい)が あるときに 限(かぎ)り 接種(せっしゅ)が 行(おこな)われます。
 予防接種(よぼうせっしゅ)を 受(う)ける方(かた)には、予防接種(よぼうせっしゅ)による 人(ひと)から 人(ひと)に うつる 病気(びょうき)予防(よぼう)の 効果(こうか)と副(ふく)反応(はんのう)の 危険(きけん)の 両方(りょうほう)を わかった あとで、自分(じぶん)の 意志(いし)で 接種(せっしゅ)を 受(う)けていただきます。受(う)ける方(かた)の 同意(どうい)なく、接種(せっしゅ)が 行(おこな)われることは ありません 。予防接種(よぼうせっしゅ)とは 病気(びょうき)にならないために 受(う)ける 注射(ちゅうしゃ)などのことです。
 また、会社(かいしゃ)で全員(ぜんいん)に 必(かなら)ず 接種(せっしゅ)するよう 求(もと)めたり、まわりの方(かた)に 接種(せっしゅ)を 強制(きょうせい)したりすることの ないようお 願(ねが)いします。

6.接種(せっしゅ)の お金(かね)

 今回(こんかい)行(おこ)なう新(あたら)しい コロナウイルスワクチン 接種(せっしゅ)は0円(えん)です。(全額(ぜんがく)公費(こうひ))
 国(くに)の 役所(やくしょ)を かたった「なりすまし」に 注意(ちゅうい)して下(くだ)さい。市区(しく)町村(ちょうそん)が 電話(でんわ)や メールで 名前(なまえ)・住所(じゅうしょ)・電話(でんわ)番号(ばんごう)などの 個人情報(こじんじょうほう)を 求(もと)めることは ありません。

7.接種(せっしゅ)場所(ばしょ)

 基本(きほん)的(てき)に、住民票(じゅうみんひょう)の ある 市町村(しちょうそん)(居住地(きょじゅうち))の 病院(びょういん)や、市町村(しちょうそん)が 作(つく)る 接種(せっしゅ)会場(かいじょう)で ワクチン 接種(せっしゅ)が できると なると 思(おも)います。住民票(じゅうみんひょう)とは 正式(せいしき)な 住所(じゅうしょ)が 書(か)かれている 紙(かみ)のことです。実際(じっさい)の 接種(せっしゅ)場所(ばしょ)は、これから 決(き)まっていく 予定(よてい)です。

8.接種(せっしゅ)後(ご)の副(ふく)反応(はんのう)

 新型(しんがた)コロナワクチンだけではなく、接種(せっしゅ)後(ご)には ワクチンが 免疫(めんえき)を つける 反応(はんのう)を 起(お)こすことによる副(ふく)反応(はんのう)が あるかも しれません。副(ふく)反応(はんのう)としては、接種(せっしゅ)部分(ぶぶん)が 痛(いた)みます。発熱(はつねつ)、頭痛(ずつう)などが おこることが あります。病気(びょうき)(けが)を 治(なお)すことを要(よう)したり、障害(しょうがい)が 残(のこ)るほどの副(ふく)反応(はんのう)は、とても、すくないです。しかし、ゼロでは ありません。(予防接種(よぼうせっしゅ)による 健康(けんこう)被害(ひがい)は 救済(きゅうさい)制度(せいど)の 対象(たいしょう)です。)
 今回(こんかい)新(あたら)しくみとめられた ワクチンの 国(くに)の中(なか)の 薬(くすり)の 試験(しけん)では、ワクチンを2回(かい)接種(せっしゅ)後(ご)に、接種(せっしゅ)部分(ぶぶん)の 痛(いた)みは約(やく)80%に、37.5度(ど)以上(いじょう)の 発熱(はつねつ)が約(やく)33%、つかれ・倦怠(けんたい)感(かん)が約(やく)60%の方(かた)に 認(みと)め られています。また、ワクチンに 含(ふく)まれる 成分(せいぶん)に 対(たい)する 急性(きゅうせい)の アレルギー 反応(はんのう)である アナフィラキシーの 発生(はっせい)回数(かいすう)は、市販(しはん)後(ご)アメリカで1000000人(にん)に5人(にん)程度(ていど)と 報告(ほうこく)されています。
 日本(にっぽん)での 接種(せっしゅ)では、ワクチン 接種(せっしゅ)後(ご)15から30分(ふん)経過(けいか)を 見(み)て、もしも アナフィラキシーが 起(お)きても 病院(びょういん)で 働(はたら)く 人(ひと)が 必要(ひつよう)な 対応(たいおう)をします。

9.接種(せっしゅ)を 受(う)けた後(のち)に副(ふく)反応(はんのう)が 起(お)きたときの 健康(けんこう)被害(ひがい)救済(きゅうさい)制度(せいど)

 普通(ふつう)に、ワクチン 接種(せっしゅ)では、副(ふく)反応(はんのう)による 健康(けんこう)被害(ひがい)(病気(びょうき)に なったり 障害(しょうがい)が 残(のこ)ったりすること)が、とても、すくないでは あるものの 避(さ)けることが できないので、救済(きゅうさい)制度(せいど)が 設(もう)けられています。
 新型(しんがた)コロナワクチン(薬(くすり))の 注射(ちゅうしゃ)についても、健康(けんこう)被害(ひがい)が 起(お)きたときには、予防接種(よぼうせっしゅ)法(ほう)による 救済(きゅうさい)を 受(う)けることが できます。なお、「ワクチンを 接種(せっしゅ)した後(のち)3日(みっか)経(た)っても腫(は)れているが 医療機関(いりょうきかん)を 受診(じゅしん)した方(ほう)が よいか」等(とう)の 専門(せんもん)的(てき)な 相談(そうだん)をする 場所(ばしょ)は、今(いま)、県(けん)で 開設(かいせつ)の 準備(じゅんび)をしています。

10.問(と)い合わせ先(あわせさき)

コロナワクチン やりかたが どう あるべきか等(とう)についての 問(と)い 合(あ)わせ
(厚生労働省(こうせいろうどうしょう)新型(しんがた)コロナワクチンコールセンター)
電話(でんわ)番号(ばんごう):0120-761770(フリーダイヤル)
受付(うけつけ)時間(じかん):9時~(じ)21時(じ)(土日(どにち)・祝日(しゅくじつ)も 実施(じっし))

Novel Coronavirus Vaccines(Prime Minister of Japan and His Cabinet)

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。