Skip to content

ふくおかニュース

平成30年11月
中国への福岡県産米(パックごはん)の輸出を開始しました
平成30年11月2日
ティーウェイ航空北九州-務安線が就航しました
平成30年11月
【予告】エアアジアX福岡-クアラルンプール線が就航します

中国への福岡県産米(パックごはん)の輸出を開始しました

 福岡県産米輸出促進協議会では、県産米「元気つくし」のパックごはんを中国へ向け輸出し、11月上旬頃から、上海、北京、南京の3都市での販売を開始しました。
 11月13日から15日に開催された中国最大級の展示会の一つである「Food&Hotel China 2018」では、パックごはんのPRや商談を行いました。

<販売・提供場所>
上海:デパート「上海高島屋」で販売
北京:日本食レストラン「鰻歩」で料理の食材として提供
南京:商業施設「南京水平方」で販売

ふくおかニュース -1
「めし丸元気つくし」のパックごはん

ふくおかニュース-2
「Food&Hotel China 2018」の様子

ティーウェイ航空北九州-務安線が就航しました

 11月2日、ティーウェイ航空が北九州-務安線を就航しました。
 この新しい路線の就航により、福岡県と韓国との交流がますます盛んになることが期待されます。
 なお、北九州空港では、務安の他、釜山、ソウル、ヤンヤン、台北への国際線が就航しています。
フライトスケジュールなどは、北九州空港のホームページでご確認ください。

ふくおかニュース-3
就航記念セレモニーには江口副知事も出席しました

【予告】エアアジアX福岡-クアラルンプール線が就航します

 エアアジアXが福岡-クアラルンプール線の直行便を就航することが決定しました。
 福岡空港にとって、平成18年以来のマレーシア直行便の就航となり、エアアジアXとしては九州の空港への初の就航となります。20カ国120以上の都市に就航するアジア最大級のLCCであるエアアジア・グループのネットワークが福岡空港につながることを機に、福岡とマレーシアだけでなく、アジア各地域とのビジネス、観光など、さまざまな交流がより一層深まることが期待されます。
<福岡-クアラルンプール線の概要>
【就航開始年月日】平成31年3月1日(金曜日)
【航空券販売開始年月日】平成30年11月30日
【運行便数】週4往復
【席数】377席(プレミアムフラットベッド12席、エコノミー365席)
【フライトスケジュール(日本との時差:-1時間】

  • 福岡発クアラルンプール行き
    月曜日、日曜日運航:8時出発、13時到着
    水曜日、金曜日運航:8時25分出発、13時25分到着
  • クアラルンプール発福岡行き
    土曜日、日曜日運航:23時50分出発、翌日7時到着
    火曜日、木曜日運航:23時50分出発、翌日7時10分到着

ふくおかニュース-4ふくおかニュース-5
エアバスA330型機で運航されます

Back to the top of the page
枠線画像
防災メール配信システム登録(英語)

QR code to access携帯電話でのアクセスにご利用ください

Copyright © Fukuoka Prefecture All rights reserved.