Skip to content

福岡県庁(行政組織)

  

組織

県庁の組織図

福岡県庁(行政組織)-1

このほか、行政委員会として選挙管理委員会・人事委員会・監査委員・労働委員会などがあります。

福岡県の総合計画

県では、平成24年3月、県民一人ひとりが福岡県に生まれ、生活してよかったと実感できる「県民幸福度日本一」に向けて、目指すべき姿とこれを実現するための施策の方向性を示す総合計画を策定しました。
これまでの成果や社会経済の変化、本県の強みを踏まえ、「県民幸福度日本一」への取組みをさらに加速させるため、平成29年3月に新たな総合計画を策定し、県政を推進しています。

1 計画の期間

5年間(平成29年度~平成33年度)

2 取組方針

(1)目指すべき福岡県の姿

  1. 日本海側の、かつ、アジアを向いた一大拠点「福岡県」
  2. 県民の希望が叶い、将来に期待が持てる「福岡県」
  3. 誰もが住み慣れたところで長く元気に暮らせる「福岡県」

(2)10の事項の実現に取り組む~県民が「元気」「温かみ」「安定」を感じられる施策の推進~

  1. 活力にあふれ成長力に富んだ経済と魅力ある雇用の創出
  2. 安心して子育てができること
  3. 子ども・若者が夢を抱き、将来に向かってはばたけること
  4. 女性がいきいきと働き活躍できること
  5. 高齢者や障がいのある人が安心してはつらつと生活できること
  6. 誰もが元気で健康に暮らせること
  7. 心のぬくもりと絆を実感できる社会であること
  8. 豊かな文化・スポーツを楽しみ、幅広い分野の国際交流を実感できること
  9. 災害や犯罪、事故がなく、安全で安心して暮らせること
  10. 環境と調和し、快適に暮らせること

(3)施策推進に当たっての基本的考え方

  1. 現場主義、生活者の視点、温かみのある行政
  2. 市町村・九州各県等との連携強化
  3. 施策の実効性を高めるための好循環の構築

(4)市町村との連携による地方創生の推進

 「しごとを創る」「ひとを創る」「地域を創る」の3つの重点戦略を市町村と共有

財政

令和2年度当初予算のポイント

1 予算編成の基本的な考え方

令和2年度当初予算においては、令和元年度2月補正(経済対策)と一体となった14か月予算を編成し、豪雨災害の復旧・復興、防災減災を加速するとともに、少子高齢化・人口減少、第4次産業革命の進展、人生100年時代の到来という時代の変化に対応し、地方創生の実現に向け、県民のだれもが住み慣れたところで「働く」「暮らす」「育てる」ことがでkきる地域社会づくりに向けて取り組む。

一般会計歳入歳出規模 1兆8,517億円(前年度比659億円、3.7%増)

2 予算の概況

(1)歳入の概況

  • 県税等は、地方消費税率引上げなど税制改正の影響等により、687億円(8.4%)の増
  • 国庫支出金は、国の経済対策を活用したことにより、142億円(6.8%)の増
  • 財政調整基金等三基金は、スポーツ推進基金出資分として26億円、収支対策分として28億円を繰り入れ

(2)歳出の概況

  • 社会保障費は、幼児教育・保育及び高等教育の無償化等により、134億円(4.0%)の増
  • 公共事業費は、国の経済対策を活用したことにより、310億円(14.0%)の増
  • 市町村交付金等は、税制改正の影響による県税等の増収に伴い、560億円(18.5%)の増
Back to the top of the page
枠線画像
防災メール配信システム登録(英語)

QR code to access携帯電話でのアクセスにご利用ください

Copyright © Fukuoka Prefecture All rights reserved.