ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Top > メニュー > 注目コンテンツ > 「Stanford e-Fukuoka」プログラムの 開講(かいこう)式(しき)をしました

本文

「Stanford e-Fukuoka」プログラムの 開講(かいこう)式(しき)をしました

日(ひ)にち:2022年3月7日更新 印刷(いんさつ)

3月(がつ)5日(いつか)、「Stanford e-Fukuoka」プログラム(※)の 開講(かいこう)式(しき)を オンライン形式(けいしき)で 行(おこな)いました。

開講(かいこう)式(しき)には、在(ざい)福岡(ふくおか)アメリカ領事館(りょうじかん)の ジョン・テイラー領事(りょうじ)、 近藤(こんどう)シャー・ユキ 広報(こうほう)担当(たんとう)領事(りょうじ)、 スタンフォード大学(だいがく)の ゲーリ・ムカイSPICEディレクター、ヤマシタ・カスミSPICEインストラクターと プログラムに 参加(さんか)する 高校生(こうこうせい)が 参加(さんか)しました。

知事(ちじ)は、「この プログラムは、学校(がっこう)の 授業(じゅぎょう)では 経験(けいけん)出来(でき)ない 貴重(きちょう)な 機会(きかい)です。失敗(しっぱい)を 恐(おそ)れず、仲間(なかま)たちと 積極的(せっきょくてき)に ディスカッションし、そして チャレンジして ください。プログラムを 通(つう)じ、皆(みな)さんが自(みずか)らの 可能(かのう)性(せい)に 気(き)づき、能力(のうりょく)を 磨(みが)き、夢(ゆめ)へ チャレンジし、世界(せかい)に 羽(は)ば たいていくことを 心(こころ)より 応援(おうえん)しています」と あいさつしました。

※在(ざい)福岡(ふくおか)アメリカ領事館(りょうじかん)と 協力(きょうりょく)し、 日本(にっぽん)の 高校生(こうこうせい)向(む)けに アメリカ スタンフォード大学(だいがく)が 開発(かいはつ)・運営(うんえい)する 英語(えいご)の ちがう 文化(ぶんか)理解(りかい)教育(きょういく)プログラムを 本県(ほんけん)要求(ようきゅう)にした プログラム

あいさつする知事
(写真(しゃしん))あいさつする 服部(はっとり)知事(ちじ)

ジョン・テイラー領事と知事
(写真(しゃしん)) ジョン・テイラー領事(りょうじ)と 服部(はっとり)知事(ちじ)
※写真(しゃしん)撮影(さつえい)のため、マスクを 外(はず)しています

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。