ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
Top > メニュー > 注目コンテンツ > パキスタンと アフガニスタンの 人道(じんどう)・復興支援(ふっこうしえん)を 最前線(さいぜんせん)で 担当(たんとう)してきた 中村(なかむら)哲(てつ)さんです。その 活動(かつどう)の 軌跡(きせき)と てがらを 思(おも)い出(だ)します。

本文

パキスタンと アフガニスタンの 人道(じんどう)・復興支援(ふっこうしえん)を 最前線(さいぜんせん)で 担当(たんとう)してきた 中村(なかむら)哲(てつ)さんです。その 活動(かつどう)の 軌跡(きせき)と てがらを 思(おも)い出(だ)します。

日(ひ)にち:2020年12月18日更新 印刷(いんさつ)

中村医師が語り掛ける様子

 2019年12月(ねんがつ)、 アフガニスタンでの 人道(じんどう)の 応援(おうえん)活動(かつどう)中(ちゅう)に 凶弾(きょうだん)に たおれた 中村(なかむら)哲(てつ)医師(いし)(享年(きょうねん)73歳(さい))。 中村(なかむら)さんは 自分(じぶん)が その場(ば)所(しょ)代表(だいひょう)をする ペシャワール会(かい)(※1)の 応援(おうえん)の下(もと)、1984年(ねん)から パキスタンで ハンセン病(びょう)診療(しんりょう)活動(かつどう)を 始(はじ)めました。診療(しんりょう)とは、医者(いしゃ)の 診察(しんさつ)を うけて 病気(びょうき)や 怪我(けが)を 治(なお)すことです。1998年(ねん)には PMS (※2)を つくります。内戦(ないせん)を 逃(のが)れた 難民(なんみん)の 診療(しんりょう)を はじめます。内戦(ないせん)とは ひとつの 国(くに)の中(なか)で 起(お)こる 戦争(せんそう)のことです。難民(なんみん)とは 戦争(せんそう)などから 身(み)を 守(まも)るためにやむをえず 国(くに)を はなれ 逃(に)げてきた 人(ひと)のことです。その後(ご)、 パキスタン・アフガニスタンに 全部(ぜんぶ)で11箇所(かしょ)の 病院(びょういん)を 開(ひら)き、医療(いりょう)が少(すく)ない 地域(ちいき)での 活動(かつどう)に 力(ちから)ぞえしました。また、農業(のうぎょう)国(くに)であった アフガニスタンの大(だい)干(かん)ばつを 受(う)け、2000年(ねん)、PMS は 井戸(いど)を 掘(ほ)ります。用水路(ようすいろ)を 巡(めぐ)ら せる かんがい事業(じぎょう)を 始(はじ)めます。土(ど)漠(ばく)化(か)した 農地(のうち)は 次々(つぎつぎ)と元(もと)の 通(とお)り になり、死(し)の 谷(たに)と 呼(よ)ばれた 沙漠(さばく)を 緑(みどり)に 変(か)え、農村(のうそん)を 復興(ふっこう)する「緑(みどり)の 大地(だいち)計画(けいかく)(※3)」を 実現(じつげん)させました。復興(ふっこう)とは もと通(どお)りに 元気(げんき)・活発(かっぱつ)に なることです。「困(こま)った 人(ひと)に 手(て)を 差(さ)し 伸(の)べる」という 信念(しんねん)を続(つづ)けた 中村(なかむら)さんの いっしょう けんめいな 姿(すがた)と その てがらは、 日本(にっぽん)全体(ぜんたい)、そして その場(ば)所(しょ)の たくさんの 人(ひと)たちに 感動(かんどう)と 影響(えいきょう)を 与(あた)え続(つづ)けています。

 「中村(なかむら)さんは いつも“行動(こうどう)で 示(しめ)す”ということを 大事(だいじ)にされていました」と 話(はな)すのは、 朝倉市(あさくらし)の 山田堰(やまだぜき)土地(とち)改良(かいりょう)区(く)前(ぜん)理事(りじ)長(ちょう) 徳永(とくなが)哲也(てつや)さんです。 アフガニスタンで マルワリード用水路(ようすいろ)の 建設(けんせつ)を はじめていた 中村(なかむら)さんは、取水(しゅすい)堰(せき)建設(けんせつ)の モデルとして 山田堰(やまだぜき)(※4)に 気(き)を つけて 見(み)ます。2009年(ねん)に 視察(しさつ)に 行(い)った時(とき)、 徳永(とくなが)さんが 対応(たいおう)したことが 縁(えん)と なりました。以来(いらい)、親(した)しい つきあいを 深(ふか)くしてきました。2019年(ねん)4月(がつ)には 念願(ねんがん)だった アフガニスタンを 訪問(ほうもん)。滞在(たいざい)中(ちゅう)は 農家(のうか)の 経験(けいけん)を生(い)かします。その場(ば)所(しょ)の 人(ひと)に みかんの 木(き)の 剪定(せんてい)方法(ほうほう)を 教(おし)えるなど、 中村(なかむら)さんと約(やく)2週間(しゅうかん)を共(とも)に すごしたと いいます。

 「初(はじ)めて 中村(なかむら)さんにお 会(あ)いしたとき、測量(そくりょう)技術(ぎじゅつ)も 重機(じゅうき)も ない 江戸(えど)時代(じだい)に 造(つく)られた 山田堰(やまだぜき)の 構造(こうぞう)を 見(み)て、“これは 世界(せかい)に広(ひろ)めるべきだ”と 絶賛(ぜっさん)されていた 姿(すがた)が 印象(いんしょう)に 残(のこ)って います。7年(ねん)かけて ようやく 完成(かんせい)した、 瀬(せ)の 流(なが)れが 山田堰(やまだぜき)に そっくりな 取水(しゅすい)堰(せき)を アフガニスタンで 目(め)にしたとき、私(わたし)は 目頭(めがしら)が 熱(あつ)くなりました。」と 思(おも)い出(だ)します。

 7年間(ねんかん)を使(つか)い 全長(ぜんちょう)25キロメートル(現在(げんざい)27キロメートル)に なった マルワリード用水路(ようすいろ)は、650000人(にん)の 生活(せいかつ)を 支(ささ)えます。失(うしな)われた 農村(のうそん)文化(ぶんか)の 復活(ふっかつ)に 役(やく)に 立(た)って います。「これだけの大(だい)事業(じぎょう)を 達成(たっせい)するのは 並(なみ)の 人間(にんげん)には 出来(でき)ない。“自然(しぜん)と いかに うまく 付(つ)き 合(あ)い 調和(ちょうわ)するか”という 自然(しぜん)に 対(たい)する 敬愛(けいあい)の 念(ねん)と共(とも)に、“平和(へいわ)とは 何(なに)か”“次世代(じせだい)のために”という 思想(しそう)が 中村(なかむら)さんの 哲学(てつがく)の中(なか) にあり、今(いま)ある全(すべ)ての 活動(かつどう)に 息(いき)づいていると 思(おも)います。“三(さん)度(ど)の 飯(めし)と、家族(かぞく)が 一緒(いっしょ)に 生活(せいかつ)できることが 一番(いちばん)”ということも 常々(つねづね)話(はな)していました」。

 「緑(みどり)の大地(だいち)計画(けいかく)」の 継続(けいぞく)(続(つづ)けること)と 発展(はってん)を 担当(たんとう)する 一翼(いちよく)として、その場(ば)所(しょ)での 技術(ぎじゅつ)指導(しどう)や 農具(のうぐ)の 開発(かいはつ)などに つくしたいと 話(はな)す 徳永(とくなが)さんです。 中村(なかむら)さんの 意志(いし)を 継(つ)ぐ人(ひと)たちは、手(て)を 取(と)り 合(あ)い、 歩(あゆ)みを すすめています。
 福岡(ふくおか)県(けん)では、 中村(なかむら)さんの これまでの てがらを たたえました。2020年(ねん)1月(がつ)に 福岡県(ふくおかけん)県(けん)に 住(す)む人(ひと)栄誉(えいよ)賞(しょう)を さしあげました。

 

中村(なかむら)さんの 活動(かつどう)軌跡(きせき)
1946年(ねん)  福岡(ふくおか)県(けん)福岡(ふくおか)市(し)にて 出生(しゅっしょう)。1973年(ねん)に 九州大学(きゅうしゅうだいがく)医学部(いがくぶ)卒業(そつぎょう)後(ご)、国(くに)の中(なか)の 病院(びょういん)に 勤務(きんむ)。
1984年(ねん)  パキスタンの ペシャワール・ミッション病院(びょういん)に 赴任(ふにん)。ハンセン病(びょう)患者(かんじゃ)などの 診療(しんりょう)に 従事(じゅうじ)。診療(しんりょう)とは、医者(いしゃ)の 診察(しんさつ)を うけて 病気(びょうき)や 怪我(けが)を 治(なお)すことです。
1991年(ねん)  ペシャワール会(かい)が アフガニスタンの 国(くに)の中(なか)に はじめの 病院(びょういん)を 開設(かいせつ)。
2000年(ねん)  1970年代(ねんだい)から 悪化(あっか)の 一途(いっと)を追(お)う大(だい)干(かん)ばつを 受(う)け、水源(すいげん)確保(かくほ)の 緊急(きんきゅう)への そなえとして かんがい事業(じぎょう)を はじめます。
2010年(ねん)  「真珠(しんじゅ)の水(みず)」を 意味(いみ)する アーベ・マルワリード用水路(ようすいろ)が 完成(かんせい)。住民(じゅうみん)の 心(こころ)の よりどころと なる モスク(イスラム教(きょう)礼拝(れいはい)所(しょ))と マドラサ(イスラム神学校(しんがっこう))も 同時(どうじ)に 建設(けんせつ)。
2019年(ねん)  長(なが)い 間(あいだ)にわたる 医療(いりょう)の 応援(おうえん)や かんがい事業(じぎょう)の 指導(しどう)などが 評価(ひょうか)され、 アフガニスタン政府(せいふ)から 名誉市民(めいよしみん)証(しょう)を 授与(じゅよ)。用水路(ようすいろ)で 潤(うるお)った 農地(のうち)は約(やく)1万(まん)6500ヘクタール(福岡(ふくおか)市(し)の約(やく)半分(はんぶん))に。
 12月(がつ)、作業(さぎょう)現場(げんば)へ向(む)かう 途中(とちゅう)凶弾(きょうだん)に たおれます。

※1 ペシャワール会(かい)…1983年(ねん)9月(がつ)、 中村(なかむら)哲(てつ)医師(いし)の パキスタンでの 医療(いりょう)活動(かつどう)を助(たす)ける 目的(もくてき)で 結成(けっせい)された 国際(こくさい)NGO団体(だんたい)です。

※2 PMS…Peace(Japan) Medical Servicesの 略(りゃく)であり、 中村(なかむら)医師(いし)が総(そう)院長(いんちょう)をした その場(ば)所(しょ)の 事業(じぎょう)体(たい)です。今(いま)は 医療(いりょう)・農業(のうぎょう)・かんがい事業(じぎょう)に 力(ちから)ぞえしています。

※3 緑(みどり)の 大地(だいち)計画(けいかく)…2002年(ねん)から 始(はじ)まった アフガニスタン東部(とうぶ)の 農村(のうそん)復興(ふっこう)事業(じぎょう)です。復興(ふっこう)とは もと通(どお)りに 元気(げんき)・活発(かっぱつ)に なることです。開墾(かいこん)を すすめながら、 米(べい)麦(むぎ)・果樹(かじゅ)の 栽培(さいばい)、養蜂(ようほう)、畜産(ちくさん)など 多角(たかく)的(てき)な 試(こころ)みを 行(おこな)って います。

※4 山田堰(やまだぜき)… 江戸(えど)時代(じだい)、干(かん)ばつに 苦(くる)しむ 農民(のうみん)を 救(すく)うために 築造(ちくぞう)された 取水(しゅすい)堰(せき)です。230年(ねん)を 経(へ)た今(いま)も 利用(りよう)されています。

皆様のご意見をお聞かせください。

お求めの情報が分かりやすく十分に掲載されていましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?

※個人情報を含む内容は記入しないでください。
※お答えが必要なお問い合わせは、上の「このページに関するお問い合わせ先」からお問い合わせください。
※いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますのでご協力をお願いします。
※ホームページ全体に関するお問い合わせは、まで、お問い合わせください。